お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードへの新規入会+チケット購入で1,500カンフェティポイントプレゼント!

マーク・ボールズ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

マーク・ボールズMark Boals、1958年12月5日 - )は、アメリカ合衆国・オハイオ州出身のミュージシャン、ハードロック系のヴォーカリスト。

イングヴェイ・マルムスティーンやリング・オブ・ファイアでの活動などで知られ、実力派ヴォーカリストとして評価されている。イングヴェイは自身のバンドに所属した歴代ヴォーカルで最高との賛辞を送り、ヴォーカルの能力の限界を気にせずに制限のない作曲ができると評した。

オペラ的とも称される伸びのある高音が特徴。

略歴

  • 5歳でピアノ、小学生でクラリネット、12歳でベースを始め、14歳で初のバンド「JASMINE」を結成。ヴォーカルとベースを担当した。
  • 1982年に「Savoy Brown」に加入し、全米ツアーに参加。
  • 1985年にはイングヴェイ・マルムスティーンの「ライジング・フォース」に加入。
  • その後脱退するが、紆余曲折を経て1999年に復帰。
  • 2000年には自らリング・オブ・ファイアを結成。同年には音楽情報誌「BURRN!」で1999年度のベストヴォーカル賞を受賞。
  • 同年にライジング・フォースを再び脱退したが、2001年にイングヴェイが後任ヴォーカルのヨルン・ランデと仲違いし、ヨルンは脱退してしまう。直後に同バンドへ再び復帰し、ツアーヴォーカリストとして同行した。
  • 2007年にロイヤル・ハントのヴォーカルとして加入。3年間の充電期間を経て大幅にイメージチェンジし、特徴だった長髪からバンダナ、ヒゲ、サングラスというワイルドなスタイルへと変化した。
  • 2010年にはリング・オブ・ファイア、プラネットXなどで活動したトニー・マカパイン、ヴァージル・ドナティを含むメンバーと新バンド セブン・ザ・ハードウェイ(Seven The Hardway)を結成。現在日本国内盤は発表されていない。
  • 2012年JOSHUA PERAHIAのNEW ALBUMに参加。「RESURRECTION」を間もなくリリース予定。
  • 2014年ドッケンにベーシストとして加入。しかし翌年に脱退。
  • 2019年5月 日本のプロデューサーのトモ・マツモト、ショーン・ツジイらによりマーク・ボールズ トリロジー復刻ジャパンツアー実行委員会 トリロジー〜33rdAnniversary〜完全再現ライブジャパンツアーをケリー・サイモンを招き日本各所で決行。
  • 外部リンク

    • Mark BoalsのMyspace
    • Royal HuntのMyspace
    • Royal HuntのOfficial Site
    • Seven The HardwaytのOfficial Site(英語)
    • https://markboals.jp/

     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。