お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

マギー司郎



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

マギー司郎(マギーしろう、1946年(昭和21年)3月17日 ? )は、日本の手品師、タレント。日本奇術協会相談役。本名、野澤 司郎(のざわ しろう)。

茨城県真壁郡下館町(現・筑西市)出身。オフィス樹木所属。

来歴

  • 1963年 - 趣味で始めた手品に没頭する余り、プロを目指して17歳で家出し上京。水商売のアルバイトをしつつ、マジックスクールに通う。
  • 1966年 - 20歳で道頓堀劇場で初舞台。当時の芸名はジミー司で、正統派のスライハンドマジックを見せていた。
  • 1968年 - 正統派マジシャンのマギー信沢に入門する。
  • 『田端グループ』盟友のゆーとぴあ・ホープの助言を容れて、茨城弁を活かした客いじり中心の「おしゃべりマジック」に転向したことで売れ出す。
  • キャバレー巡業時代に、歌手・桜一平(現:我修院達也)と知り合い意気投合、桜に歌を習ってテレビの歌番組で優勝したこともある。
  • 1980年 - 『お笑いスター誕生!!』で7週勝ち抜き、テレビにも活躍の場を広げる。
  • 1981 - 1982年 - 「日本放送演芸大賞ホープ賞」受賞。
  • 現在はマギー一門の領袖として多くの弟子を抱える。
  • 人物

    2度結婚しており、現在は独身。

    芸風

    メガネに口ヒゲ・黄色い燕尾服の風貌で、飄々とした茨城弁による客いじりで煙に巻くスタイル。

    何が起こるかを先に明かすネタばらしから始まる変則派で、「縦縞のハンカチを横縞にする」、「麦茶をウーロン茶にする」、「コシヒカリをササニシキに変える」などのインチキ手品を行いつつ、「うちの近所の八百屋のおかみさんに評判なんだけど、」「板橋(鉾田町などの場合も多い)に○○って飲み屋があるの知ってる?そこに週5回通う、常連の○○って人知ってる?その人が大好きなマジック、今からやるから」などのトークで繋ぎ、最後は正統派マジックに戻って高座を締める。

    「これはデパート行けば売ってますからね」「ハンカチが繋がるまでに、二日かかるのよ。ずーっと二日待ちますか?今日は特別に2日前にやったものをお見せしますからね」「(ボールやカードの色を変える手品で)赤?…赤は先週で終わっちゃったのよ」「こうやって破いた紙が……つながらないってのは知ってるよね?」「1000円を2000円にするには2000円ないとできませんからね」などとギャグを挟み、笑いを取る。これという時には最初から正統派マジックを見せる場合もある。

    また、先に挙げたインチキ手品を行うと思わせながら、「ここに金魚の入った水槽があります。この水槽に、手品用のピンク色のハンカチを被せます」と言いつつ、「すると…このピンク色のハンカチの向こうにうっすらと金魚が見えるでしょ?このうっすらと見えるのが…僕大好きなの…」とおとぼけの類を披露することも少なくない。


     

    取扱中の公演・チケット情報

    公演名
    公演期間
    会場
    チケット購入

    取扱中の公演
    一般販売
    な!

    <理由あってなっトク価格!チケット>
    先着限定!S席(1・2階):4,500円 → S席(1・2階):2,500円!
    (全席指定・税込)

    【ご注意】
    ★カード決済のみ。4/12(金)10:00以降に
    セブン-イレブン店頭レジにてチケットをお受取りください。
    ★チケット受取り時まで、席番はわかりません。予めご了承ください。
    ※電話予約不可
    2019年4月21日 (日)
    新歌舞伎座