お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

ケリー・オハラ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ケリー・クリスティン・オハラ (英語: 'Kelli Christine O'Hara、1976年4月16日-)は、アメリカ合衆国の女優、歌手。2000年、『ジキル&ハイド』でブロードウェイ・デビューして以降、ブロードウェイおよびオフ・ブロードウェイにて多くのミュージカルに出演している。トニー賞において、2005年の『The Light in the Piazza 』でのミュージカル主演女優賞以降、2006年の『パジャマゲーム』、2008年の『南太平洋』、2012年の『Nice Work If You Can Get It 』、2014年の『マディソン郡の橋』でノミネートされ、2015年の『王様と私』で主演女優賞を受賞した。

生い立ち

オクラホマ州のアイルランド系アメリカ人の家庭で育った。ディア・クリーク高等学校を卒業し、オクラホマ市立大学に進学し、声楽学士を取得した。大学時代、4年前にクリスティン・チェノウェスも学んだことのあるフローレンス・バードウェルから学んだ。オハラとチェノウェスは共にソロリティGamma Phi Beta に所属していた。

俳優のジェイムズ・ノウトンの息子であるほか、女優および歌手のキーラ・ノウトンの兄弟で、俳優のデイヴィッド・ノウトンの甥でもあるグレッグ・ノウトンと結婚している。2009年6月27日、長男が、2013年9月16日、長女が誕生した 。

経歴

2001年、『フォリーズ』ブロードウェイ再演でヤング・ハッティ役を演じ、その後ヤング・フィリス役を演じた。2002年、『成功の甘き香り (ミュージカル)』ブロードウェイ公演でスーザン役を演じた。2003年、プレイライツ・ホライゾンズによるミュージカル『My Life With Albertine 』オフ・ブロードウェイ公演にてアルベルティン役を演じ、2004年、ミュージカル『ドラキュラ』ブロードウェイ公演でルーシー・ウェステンラ役を演じた。

2005年、リンカーン・センターのヴィヴィアン・ビューモント劇場において『The Light in the Piazza 』ブロードウェイ公演のクララ役で主演した。サンダンスのシアター・ラボでのワークショップおよびシアトル、シカゴでの試験興行ではフランカ役を演じていた。クララ役でトニー賞ミュージカル主演女優賞にノミネートされた。以降ブロードウェイで演じた役全てでトニー賞にノミネートされている。2006年、ブロードウェイ・ミュージカル『パジャマゲーム』再演でベイブ役を演じ、ミュージカル主演女優賞にノミネートされた。『ニューヨーク・タイムズ』紙の批評家のベン・ブラントリーはこの演技について「『Light in the Piazza 』で築き上げたピュアなイメージを完全に覆した」と記した。

2007年、『L.A. Reprise!』において『サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ』でドット/マリー役を演じ、エイヴリー・フィッシャー・ホールにおいてニューヨーク・フィルハーモニックによる『マイ・フェア・レディ』でイライザ役を演じた。2008年、PBSの『Click and Clack's As the Wrench Turns 』でベス役を演じた。2008年から2010年、リンカーン・センターのヴィヴィアン・ビューモント劇場における『南太平洋』ブロードウェイ再演でネリー役で主演し、3度目のトニー賞ノミネートとなった。2009年3月から産休に入り、10月に復帰した。2010年、ニューヨーク・シティ・センターで行われた『Encores! 』において『Bells Are Ringing 』でエラ役を演じた。

2010年、映画『セックス・アンド・ザ・シティ2』にエレン役で出演し、2011年、CBSの『ブルーブラッド 〜NYPD家族の絆〜』第2シーズン第1回『辞表の行方』に出演した。同年、ランダバウト・シアター・カンパニー10周年記念チャリティコンサートの『She Loves Me 』にアマリア役で主演し、ジョージ役のジョシュ・ラドナーと共演した。スコット・エリスが演出、ポール・ゲミナニが音楽監督を務め、ミス・リッター役のジェーン・クラコウスキー、スティーヴン役のシャイアン・ジャクソン、サイポス役のマイケル・マグラス、アーパッド役のロリー・オマリー、ミスター・マラチェク役のヴィクター・ガーバーと共演した。ジョン・F・ケネディ・センターにおいて、バーバラ・クックが受賞したケネディ・センター名誉賞前夜祭で『She Loves Me 』で最も有名な曲の1つである『Will He Like Me? 』を歌唱した。

2012年4月から2013年3月まで『Nice Work If You Can Get It 』ブロードウェイ公演でビリー役で主演し、4度目のトニー賞ノミネートとなった。2012年、リンカーン・センターで行われた大晦日コンサート『Celebrating Marvin Hamlisch 』において、オードラ・マクドナルドやメーガン・ヒルティと共に『コーラスライン』の『At the Ballet 』を歌唱した。2013年、エイヴリー・フィッシャー・ホールにてニューヨーク・フィルハーモニックによるコンサート『回転木馬』で主役のジュリー役を演じた。2014年1月から5月、ミュージカル『マディソン郡の橋』ブロードウェイ公演でフランチェスカ役で主演し、5度目のトニー賞ノミネートとなった。CurtainUp.com の批評家のエリス・ソマーはオハラの「素晴らしいヴォーカル・チョップ」や、共演者であるスティーヴン・パスクールとの「見事なデュエット」を称えた。2014年、NBCの『ピーター・パン・ライヴ!』にミセス・ダーリング役で出演した。2014年12月31日、メトロポリタン・オペラにてフランツ・レハールによる『メリー・ウィドウ』でルネ・フレミングと共演しオペラ・デビューした。

リンカーン・センター・シアターの『王様と私』再演で王様役の渡辺謙の相手役アンナを主演した。ヴィヴィアン・ビューモント劇場にて2015年3月からプレビュー公演が行なわれ、4月に正式に開幕した。オハラはこの役でトニー賞初受賞となった。2016年4月17日がオハラにとってのアンナ役最終出演となった。2016年10月、カーネギー・ホールにてソロ・デビュー・コンサートを行ない、『Masters of Sex 』第4シーズンでドディ役でゲスト出演してその後度々登場した。

舞台出演歴

ブロードウェイ
  • ジキル&ハイド Jekyll & Hyde (2000年) as ケイト (後継) /エマ (代役)
  • フォリーズ Follies (2001年) as ヤング・ハッティ/アンサンブル、その後ヤング・フィリス
  • 成功の甘き香り (ミュージカル) Sweet Smell of Success: The Musical (2002年) as スーザン

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S席:15,000円
(全席指定・税込)
2019年7月11日 (木) 〜
2019年8月4日 (日)
東急シアターオーブ
販売終了