CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > ツネ

ツネ

ツネ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

2700(にせんななひゃく)は、吉本興業に所属する日本のお笑いコンビ。2017年8月から約1年間ほどザ ツネハッチャン名義で活動した(後述)。

概要

2008年2月結成。コンビ名の由来はバイト先で運ぶ鉄骨の長さ(2700mm)から。

2008年、『キングオブコント』で結成わずか8か月の無名ながら決勝進出。結果は最下位の8位で、彼らがとった「327/500点」は得点率65.4%で歴代最低記録である。現行の採点方法となった第2回以降の歴代最低得点はトップリードの得点率68.3%(683/1000点)で、これをも下回っている。

かつてはbaseよしもとにて出演していたが2008年12月に東京進出し、AGE AGE LIVEを中心に出演。

2009年の『オールザッツ漫才』のFoot cutのコーナーで準優勝し、翌年の2010年の同番組のコーナーで優勝。結成当初はそれまで2人共に本名で活動していたが、2010年の秋頃から常道は「ツネ」に芸名を改めている。2011年、「THE MANZAI 2011」で認定漫才師に選ばれる。本戦サーキットに出場し結果は19位。ワイルドカード決定戦に出場。同年、『キングオブコント2011』において3年ぶりに決勝進出。「右肘左肘交互に見て」と「キリンスマッシュ」の2本を披露し、ファースト・ファイナル共に優勝のロバートに次ぐ2位で準優勝。

芸風は主に歌ネタで、特にリズム系のものが多い。コントや漫才でも八十島が歌いながらボケていく。

年齢と芸歴が逆転しているコンビ。そのため年上だが芸歴の短いツネは、年下でも芸歴の長い相方・八十島を「八十島さん」と呼んでいる。また芸歴が異なるグループは下の芸歴という慣わしがあるため、コンビとしてはツネの「大阪校27期」となる。

2017年8月14日より、コンビ名を『ザ ツネハッチャン』に改名した。TBS『ピラミッドダービー』の企画で、著名な占い師に「『2700』というコンビ名では売れるのが50年後」と言われたのを踏まえたもので、コンビ名の変更を機に常道はツネ(常道啓史)から「常道裕史」、八十島は芸名を本名(八十島弘行)から「八十島宏行」に改めている。ザ ツネハッチャン時代は各種メディアでは「元2700」「元・2700」等という表記が多かった。

2018年8月5日、コンビ名を『2700』に再改名し2人の芸名も元に戻すことを発表した。

2019年6月24日、2014年に反社会的勢力主催の会合にコンビともども参加していたことを受け、吉本興業より当面の間活動を停止する謹慎処分を受ける。反社会的勢力が主催だった認識はなかったが、一定の金銭の受領があったとされている。6月27日、無期限謹慎が発表されたスリムクラブと同じ反社会的勢力が出席する会合への参加が新たに発覚したため、処分がより重い無期限謹慎に変更された。8月9日に謹慎処分が8月19日をもって解除されることが報告され、同日に東京都新宿区の劇場、「ルミネtheよしもと」の昼公演にて復帰を果たした。

メンバー

ツネ(1982年(昭和57年)10月15日(39歳) - )
主にボケ(漫才ではツッコミ)担当、立ち位置は向かって右。
本名:常道 啓史(つねみち ひろし)。ザ ツネハッチャン時代の芸名は常道 裕史〈読み同じ〉。
大阪府和泉市出身。和泉市立郷荘中学校、大阪府立伯太高等学校卒業。
身長178cm、血液型B型。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。