CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 井川楊枝

井川楊枝

井川楊枝



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

井川 楊枝(いがわ ようじ、1976年 - )は、日本のライター、脚本家、映画監督、イベントプロデューサーである。

来歴

大阪市出身。早稲田大学本庄高等学院を経て早稲田大学第一文学部卒業。大学在籍中に短編小説で舟橋聖一顕彰青年文学賞を受賞した。

実話ナックルズ、実話ドキュメント等をはじめとする実話誌を中心に執筆し、暴走族やチーマー、暴力団、外国人マフィアといった、不良やアウトロー系の取材を数多く手がけている。『関東連合 六本木アウトローの正体』(久田将義著、ちくま書房)では、井川の取材した不良チームのエピソードが紹介されている。

また、こうした取材をベースとした小説、漫画原作を数多く手掛け、映画監督として映像化している。

小説『ベースメント』(TOブックス、2017年)は、アンダーグラウンドな分野でルポライターとして活動してきた自身をモデルとした半自伝的な内容となっており、仮面女子の窪田美沙を主演に、自身が監督となって映画化している。

日韓で連載されたAV漫画『Highイキ!』(井川楊枝原作、レジンコミックス)は、ヒロインのAV監督である安西聡子が人気AV女優の紗倉まなに似ていると噂され、特に韓国での人気が高い。

2016年の著書『モザイクの向こう側』(双葉社)は、AV出演強要問題が社会問題となっていた頃に出版されたルポルタージュだが、AV業界が抱える問題点を列挙。この業界を取材し始めたのは、AV女優や素人モデルに対する強姦致傷事件「バッキー事件」の撮影において、ビデオカメラマンとして仕事の依頼を受けたことがキッカケだったと記載されている。そのせいか、『Highイキ!』(レジンコミックス)や『余命一年のAV女優』(小学館)、『PiNKな彼女』(月刊ジヘン)等、原作担当の漫画では、AV業界の闇にスポットを当てて、倫理とビジネスの狭間で葛藤する業界人を扱うストーリーが多く見受けられる。

2.5次元舞台や映画、ホストクラブのイベント「ホストだらけのバンド天国」など、プロデューサーとしても活動する。

ノンフィクション

  • 『封印されたアダルトビデオ』彩図社、2012年
  • 『女子高生ビジネスの内幕』宝島社、2016年
  • 『モザイクの向こう側』双葉社、2016年
  • 『日本人妻はなぜ、不倫をするのか』鹿砦社 2018年

小説

  • 『ベースメント』TOブックス、2017年

漫画原作

  • 『実録暴走族抗争 スペクターvsブラックエンペラー』(作画:夢未さくら)竹書房、2009年
  • 『実録暴走族抗争 全国制覇伝説vsキラー連合!!』(作画:マグナム元気)竹書房、2009年
  • 『実録暴走族抗争 相模スペクター伊藤親博伝南関東覇権戦争』(作画:藤原さとし)竹書房、2009年

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。