お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

F・スコット・フィッツジェラルド



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

フランシス・スコット・キー・フィッツジェラルドFrancis Scott Key Fitzgerald, 1896年9月24日 - 1940年12月21日)は、アメリカの小説家、短編小説家。一般には筆名のF・スコット・フィッツジェラルドとして知られる。1920年代の「失われた世代」の作家の一人とみなされ、狂騒の「ジャズ・エイジ」を描いたその作品は後世の多くの作家に影響を与えた。生前に発表した長編小説は4作品にすぎないものの、今日では20世紀のアメリカ文学を代表する小説家の一人としてその名を残している。

来歴

誕生から

フィッツジェラルドは北西部ミネソタ州のセントポールに生まれた。カトリックを信仰する両親は共にアイルランド系の家系であり、母モリーはセントポールにおける著名な実業家の娘であった。父エドワードはフィッツジェラルドの生まれる以前に事業に失敗し、破産していたが、一家は母の実家からの援助もあり、裕福と言えないまでも不足のない生活を送っていた。名前の由来となったアメリカ国歌の作詞者フランシス・スコット・キーは父方の遠縁にあたる。

フィッツジェラルドは1898年から1901年および1903年から1908年までをニューヨーク州バッファローで過ごした。エドワードがプロクター・アンド・ギャンブル社に解雇されると、一家はミネソタ州へと戻り、フィッツジェラルドは地元の学校セントポール・アカデミーに入学した。その後ニュージャージー州のプレップ・スクール、ニューマン・スクールへと入学し1913年、プリンストン大学へと進学した。

大学では、終生の友人であり後に自身の編集者を務めることになるエドマンド・ウィルソンと出会っている。ウィルソンはフィッツジェラルドの1学年上級であった。フィッツジェラルドは大学で詩作や演劇の脚本を書くなどしていたが、アカデミックな雰囲気に居心地の悪さを感じていたといわれ、1915年には単位不足と病気のため一時大学を休学し、ミネソタへと帰省している。さらに1917年にアメリカが第一次世界大戦に参戦すると大学を中退し、陸軍へと入隊した。

陸軍時代

予備将校訓練学校での訓練の中で創作への情熱と戦争に対する不安に苛まれたフィッツジェラルドは、アラバマ州モントゴメリー付近のキャンプ・シェリダン滞在中に小説『ロマンティック・エゴティスト』の執筆を開始した。

フィッツジェラルドはこの作品を、大手出版社スクリブナーズへと持ち込んだ。編集者は作品を評価したものの、出版は認められなかった。第一次世界大戦は1918年に終結し、内地勤務のまま戦地のヨーロッパへと渡ることなく、フィッツジェラルドは陸軍を除隊した。

ゼルダとの出会い

キャンプ・シェルダンでの訓練中、フィッツジェラルドはモントゴメリー・カントリー・クラブにおいてゼルダ・セイヤーと出会った。フィッツジェラルド曰く、ゼルダは「アラバマ・ジョージアの2州に並ぶ者無き美女」で、2人はすぐに恋に落ちた。

1919年2月フィッツジェラルドが陸軍を除隊すると2人は婚約し、彼はニューヨークで広告代理店に務めコピーライターとして勤務した。しかし彼の生活力に疑問を抱いたゼルダは婚約を解消してしまい、フィツジェラルドは7月に勤務先を退職し、セントポールの両親の家へと戻る事になった。

セントポールでフィッツジェラルドは家の一室にこもり、『ロマンティック・エゴティスト』の推敲に心血を注いだ。書き上げられた作品は前回と同様にスクリブナーズへと送られ、その価値を認められた。翌1920年3月に『楽園のこちら側』と改題され出版されると、この作品は高く評価されると同時にベストセラー入りした。4月には再び婚約していたゼルダとニューヨークのセント・パトリック大聖堂で結婚した。1921年には娘のフランセス(愛称スコティー)が誕生した。

ジャズ・エイジ


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。