お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

冨永みーな



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

冨永 みーな(とみなが みいな、1966年4月3日 - )は、日本の女優、声優、歌手、ナレーター、タレント。広島県広島市西区己斐西町出身。本名:増本 美子(ますもと よしこ)、旧姓:冨永。東京俳優生活協同組合所属。

来歴

5歳のときに母に連れられて行った映画のオーディションで受かり、1971年に当時の本名の冨永美子として神山征二郎監督の映画『鯉のいる村』のゆうこ役で子役としてデビュー。この映画で主演したことがきっかけで児童劇団に入団する。6歳の時に劇団こまどりに入団し、ドラマ『お嫁さんに決めた!』『それ行け!カッチン』『ウルトラマンレオ』やテレビCM等で子役として活躍する傍ら、1975年には、海外ドラマ『大草原の小さな家』の3女のキャリー役で声優デビュー。1977年のテレビアニメ『世界名作劇場』における『あらいぐまラスカル』のアリス役などからアニメの声優の仕事も始める。

日本大学櫻丘高等学校時代からは、『銀河漂流バイファム』『魔法の妖精ペルシャ』等のテレビアニメで、声優業中心に活躍するようになり、レコードデビューも果たすなど、1980年代半ばにかけて声優界でアイドル的な存在となる。日本大学藝術学部演劇学科在学中は、声優としてさらに人気が上昇し、ラジオ『アニメトピア』のパーソナリティとしてDJデビューし、『タッチ』等にも出演する。

1991年、『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』の収録中に突然激しい腹痛に襲われ、病院に搬送されるという事件もあった。検査の結果、虫垂炎を患っていたことが判明、そのまま治療のために入院することになったものの、声を担当していたマァムの出番は、この収録回で最後であった。

『サザエさん』では伊佐坂ウキエ・早川さん・みゆきちゃん・イカコ・リカちゃんのママ役などの脇役を担当していたが、1998年5月14日、2代目磯野カツオ役の高橋和枝が収録中に体調を崩し、病院に搬送されたため、代役としてカツオ役を務めることとなった。その後1999年3月23日に高橋が死去したため、正式に3代目カツオ役を担当することが決定した。ちなみに高橋とはサザエさん以前に『ウルトラマンレオ』の23話で共演しているが、この1998年の共演が最後となった。なお、これにあたって冨永が担当していた脇役は川崎恵理子が引き継いだ。

一時期は声優業の他に、各種ラジオ番組・モノマネ番組などにも出演していたが、現在では先述の『サザエさん』と『それいけ!アンパンマン』のほかはナレーターとして活躍。『開運!なんでも鑑定団』『どうぶつ奇想天外』『世界ウルルン滞在記』『いきなり!黄金伝説』など、人気番組・長寿番組に数多く関わっている。

『それいけ!アンパンマン』ではロールパンナ役やその他の脇役を担当していたが、鶴ひろみの急逝に伴い2018年1月26日より、ロールパンナ役等と兼任する形で2代目ドキンちゃん役を担当することが決定した。それ以前にも同作では1999年の8月から9月まで柳沢三千代の代役でカレーパンマンを代演していたこともある。また、ドキンちゃん役に昇格したことに従い、ロールパンナ以外の持ち役は降板し、ニャンコック役は白石涼子が、しろかぶくん役、レアチーズ役は渕崎ゆり子が引き継いでいる。

所属事務所の変遷について、かつては、グループこまどり、プロジェクト・レヴュー、大橋巨泉事務所、2003年 - 2014年10月頃にミントアベニューに所属していたが、2014年11月からは東京俳優生活協同組合に所属している。

2018年、第12回声優アワードにて高橋和枝賞を受賞。

芸名の表記

初期は本名の「冨永美子」を名乗っていたが、小学生の時に易者に言われて「冨永ミーナ」に改名(『あらいぐまラスカル』のエンディングのクレジットは当初“富永美子”で、30話から“冨永ミーナ”に変更されている)。その後「冨永みーな(み〜な)」に改名。現在、所属事務所のホームページでは「みーな」となっている。

趣味

趣味としては、ゴルフ、釣りが挙げられる。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。