CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 榊原利彦

榊原利彦

榊原利彦



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

榊原 利彦(さかきばら としひこ、本名同じ、1969年7月27日 - )は、日本の俳優、演出家。旧芸名は咲輝(さかき)。神奈川県横浜市出身。身長181cm、体重76kg。血液型はB型。

略歴

1989年に演劇集団幕末塾の一員として芸能界デビュー。

当時の芸名は咲輝であったが、その後、本名の榊原利彦として太田プロにて芸能活動。1993年にNHK朝の連続テレビ小説『ええにょぼ』を始め、様々なドラマに多数出演するようになる。

2003年には再び「咲輝」に改める。俳優として榊原利彦の名で、竹内力と共演の『仁義』シリーズは1994年からスタート、13年に及び2007年に50作目で一旦最終章を迎えた。他に『民事介入暴力 非合法領域』シリーズ、『起業士 天馬』シリーズの主演を務めている。

2006年10月から主宰・演出する劇団レッドフェイス(現・THE REDFACE)を旗揚げした。2020年3月までにオリジナル19作品、80回の主催公演を行った。舞台進出は1997年からで、舞台『念波先生」、朗読劇『生きてゐる小平次』などをプロデュース。自らの劇団であるレッド・フェイスを立ち上げた2006年10月朗読劇『アクジョニツイテ』からは、プロデュース・出演・演出の三役をこなす。

2007年9月から、東海テレビ『愛の迷宮』に出演。

2009年から芸名を「榊原利彦」に戻した。再スタートした『仁義』シリーズに出演。

2010年、ファンクラブ「BLUE★LION」が結成10周年を迎えた。

2016年、『オペラコミック・Carmen』で初のオペラ演出を手掛け大絶賛を得る。同年横浜開港記念会館・講堂で再演され、2019年1月14日には愛知県芸術劇場、2月には横浜市開港記念会館・講堂で4回目を上演。

2017年、『ディナーシアター』という、飲んで食べて観れる舞台形式をスタート。榊原利彦自身が料理の腕を振るう。

ポップアートの画家であり過去に絵の個展を開催するなど画家としての活動も多い。

2020年12月、横浜市情文ホールにて一人芝居『天使の仕事』シリーズがスタート。

2021年4月より、『MarineFM』で初DJとして冠番組『サカキバLIFE』がスタート。第一、三、五、金曜日12:00〜13:00オンエア中。神奈川県内は、86.1Mhz。全国ではリスラジアプリをダウンロードして視聴可能。

2021年7月より、『七慟伽藍』福井市 一乗谷朝倉氏遺跡 特別奉納公演より舞台公演を再開。

出演

テレビドラマ


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。