お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードへの新規入会+チケット購入で1,500カンフェティポイントプレゼント!

中村優子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

中村 優子(なかむら ゆうこ、1975年1月7日 - )は、日本の女優である。福井県福井市出身。ディケイド所属。

来歴

東京外国語大学イタリア語学科卒。

2001年公開の映画『火垂』(河瀬直美監督)における、ストリッパーあやこ役でブエノスアイレス映画祭 主演女優賞を受賞する。

2004年公開の映画『血と骨』で、脳腫瘍に侵されてしまう美しき愛人を演じた。

2006年公開の映画『ストロベリーショートケイクス』の秋代役で、2007年のヨコハマ映画祭助演女優賞を受賞する。

2009年の短編映画『狛 KOMA』(河瀬直美監督)では、「能(三輪)」の舞と謡を披露するシーンがある。

2009年のカンヌ国際映画祭・監督週間において、ディレクターズカット版の『火垂 2009 version』が特別上映され、河瀬直美監督と共に、舞台挨拶に登壇した。また、帰国後には、再々編集されたディレクターズカット版も生まれ、『火垂』は3種類の編集版(『火垂』166分、『火垂 2009 canne version』106分、『火垂 2009 version』117分)が誕生することになった。

特技は能、語学(英語&イタリア語)、日本舞踊、ピアノ。2006年、写真家の橋本慎太郎と結婚し、2012年8月26日、女児を出産した。

エピソード

  • 『火垂』でのストリッパーの役作りのため、撮影前に実在のストリッパーの巡業に同行していた。今はなき老舗ストリップ劇場 奈良スターミュージックでは、女優であることを伏せて、営業中のステージに飛び入りで参加し、花形ストリッパーとの即興ダンスで客席を沸かせた。また、劇中のあやこが住んでいるという設定の奈良の長屋で、実際に自炊生活をしながら役作りをしていた。
  • 『クヒオ大佐』では、No.1ホステスの役作りのため、映画の撮影前の期間、女優であることを伏せて、新人の素人ホステスとして実際に銀座のクラブで働き、最終的には客から指名をとるまでになっていた。
  • 『ストロベリーショートケイクス』では、秋代の役作りのために、秋代として日記を綴っていた。そこには、映画の脚本や原作には存在しない秋代と菊地の出会いのエピソードや、ホテトル嬢になった理由など、秋代の心情風景がこと細やかに描写されていた。
  • 『ギリギリの女たち』では、一番好きな台詞は「子ども作るぞっ!」と宣言するシーンだと述べた。そして実際に、撮影終了後、妊娠し、2012年8月に第1子女児を出産した。
  • 『四谷怪談』では、化けて出てくるシーンの撮影中、突然手足がしびれて体調が急速に悪化、病院に搬送され、ウイルス性胃炎と診断される。当時、撮影スタッフたちは、中村が完全に役にのめり込んでいると思いこみ、異変に気がつかなかった。ようやく異変に気がついたプロデューサーが思わず中村に渡したのは、薬や水ではなく、於岩稲荷でもらった「お札」だった。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。