お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

ひょっこりはん



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ひょっこりはん(1987年(昭和62年)4月28日 - )は、日本のお笑い芸人(ピン芸人)。男性。

本名は宮下 聡(みやした さとし)。滋賀県守山市出身。吉本興業所属。

来歴・人物

滋賀県立草津東高等学校卒業後、2年間の浪人生活を経て早稲田大学人間科学部へ入学。金子孝夫(情報コミュニケーション)のゼミで学ぶ。卒業論文は「仮想空間におけるビジネスの可能性」。

高校ではスポーツ科に在籍。本人曰く、スポーツ科は「他のクラスよりも平均点が10点ほど低いクラスで、自分の成績も下から数えた方が早かった」とのことだった。

ソフトテニスを特技とし、高校時代はインターハイに出場。大学時代に高校生時代の同級生に誘われてお笑いサークル「早稲田大学お笑い工房LUDO」に在籍し「エニグマ」というコンビで活動、第10代幹事長を務めた経験を持つ。しかし、親には「芸人にはならない。お笑いをやるのは大学生の時だけ」と話していたという。趣味は、ストレッチ、ヨガ、サイクリング、漫画、絵本である。

元々就職先は、裏方として面白いものを作りたいという思いがあったことから、テレビ局志望だった。就職活動はマスコミを狙って行っていたがうまくいかず、しかしこれを絶好のチャンスとしてプロの芸人を目指すことに方向転換。大学卒業後、2012年に18期生としてNSC東京校に入校(同期におばたのお兄さんなど)。

2013年に知人の紹介で知り合った南部幸一(現在は構成作家・なんぶとして活動)とお笑いコンビ「ダイキリ」を結成。当時は主にしゃべくり漫才をしており、ツッコミ担当だった。ダイキリとしては2015年9 - 10月に放送された『爆笑ファクトリーハウス 笑けずり』に出演、第4回放送で合宿12日目の「生き残りお笑いライブ」にて脱落している。「トロフィーズ」への改名を経て2016年3月に解散、同年4月よりピン芸人としての活動を始めた。解散の理由は、コンビ内でネタ作りに加えほぼ主導権を握っていた南部との軋轢が深まったことで、『笑けずり』では南部から「お前は緊張する場面で急に何もしなくなる、それじゃあ学芸会の木と一緒だ」などと強く叱責される姿が流されたほか、他の芸人たちが楽しそうにネタをやっている姿を見て「まずネタをやる側が楽しまないと面白いネタはできない」と悟ったそうで、「このコンビでは自分が楽しみながらのお笑いはできない=面白いネタはできない」との結論に至ったという。なお、ダイキリ時代はスーツを着てネタを演じていたこともあったが「その自分の姿に違和感があって、その先の自分がイメージ出来なかった」とも話している。

『おもしろ荘』(日本テレビ系列)などへの出演をきっかけに、注目を集める。

2019年4月2日より、YouTubeチャンネル「ひょっこりはんチャンネル」を開設し、毎週水曜日に動画投稿を行っている。

中学生の頃までは人前に出ることは平気な方だったが、高校生になった後、ネタでスベらされるのを経験したことから、ふさぎがちになったことがあったという。

ロザンの宇治原史規とははとこ同士である(お互いの母親がいとこ同士)。ただ、子供の頃には会ったことが無く、会ったのは二人ともよしもと入りしてからのことだった。

2019年10月3日、結婚を発表。

2020年8月3日、第一子となる男児が誕生したことを自身のツイッターにて報告した。

芸風

マッシュルームカットに黒縁眼鏡、赤い蝶ネクタイをつけ「ひょっこりはん」と書かれた白いタンクトップに青い下半身タイツが舞台衣装。衣装は交際している彼女(現在の夫人)による手作りである。音楽のリズムに合わせてひたすら様々な場所から「はい、ひょっこりはん」のかけ声と共に「ひょっこり」顔を出すというショートコントが持ちネタ。芸名の由来は、もともと周囲から「ひょっこりしている」と言われることが多かった所からだという。本人は「喋りで頑張っても、まず顔のことについて言われるので、だったらその見た目を活かせるような名前にしよう」としてこの芸名を付けたということで、そこからパッと見ですぐわかるような外見を目指すことになったという。最初、芸名の案として「いちにの聡」「ムードメーカー聡」などが思い付いたが結局どれもピンと来ず、その中である日ふと「ひょっこり」という言葉が思いついてこれに決め、「くん」や「さん」よりは柔らかいイメージだからと、「はん」を選んでこれに付けた。

上記のネタ時のBGMは、フリー音楽素材サイト「MusMus」が配布する楽曲「Sonorously Box」の冒頭7秒部分を編集したものを2018年5月まで使用していた。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席自由:6,900円(税込)

こちらのチケットは、[電話予約]もご利用いただけます。
カンフェティチケットセンター
0120-240-540
(平日 10:00〜18:00)
2021年6月16日 (水) 〜
2021年6月20日 (日)
日暮里
d-倉庫