お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

千葉ジェッツ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

千葉ジェッツふなばし(ちばジェッツふなばし、英: CHIBA JETS FUNABASHI)は、千葉県船橋市を本拠地とする日本のプロバスケットボールチームである。B.LEAGUEに所属している。

2011年、千葉ジェッツの名称でbjリーグに参入し、2013年からは「ナショナル・バスケットボール・リーグ(NBL)」に移籍する。2016年にbjリーグとNBLが統合されBリーグが設立されると、千葉はB1リーグ東地区に振り分けられた。

千葉県初のプロバスケットボールチームであり、チーム名の「ジェッツ」はNFLのニューヨーク・ジェッツと同様に、空港(成田国際空港)とジェット機にちなんでいる。当初千葉県全体をホームタウンにしていたが、2016年のBリーグ参入とともにホームタウンを船橋市に、ホームアリーナを船橋アリーナに定めた。また、2017-18シーズンからチーム名を千葉ジェッツふなばし(呼称は千葉ジェッツ)に改めた。

株式会社千葉ジェッツふなばし(2017年2月1日に株式会社ASPEから社名変更)が運営している。

2019年4月15日に新アリーナ建設に向けてミクシィと業務資本提携並びにグループ入りする事を発表した。

チームカラー

  • プラチナカラー 「ジェット機の無機質さ、強さ、唯一無二の存在であることを表現する色」
  • ジェッツレッド 「ジェット機の炎、熱さ、選手の志、ブースターの情熱、歓喜を表現する色」

ジェット機の無機質さと強さを表現するプラチナに、選手の志やブースターの情熱・歓喜を表現するジェッツレッドを合わせることによって、ジェット機の強さと人間の温かさを兼ねそろえたチームとして表現している。

チームロゴ

鉄壁な守備を現す盾から音速を超えるジェット機が飛び立つイメージを表現。盾は音速を超えた際に起こるソニックブームを表している。カラーは、盾部分はプラチナの原型色、それが選手の想い、ブースターの声援(ジェッツレッド)によって磨きあげられて輝きを放つ千葉ジェッツの文字(プラチナカラー)になっている。

歴史

bjリーグ参入まで

2010年3月1日、日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)参入を目指して梶原健ら有志が集まり、千葉プロバスケットボールチーム準備委員会を設立。3月31日にbjリーグへ正式に参入申請を行った後、リーグの審査を経て8月26日に2011-12シーズンよりのbjリーグ新規参入が正式決定する。9月17日、チーム運営会社「株式会社ASPE」を設立。11月25日、一般公募により決定したチーム名の「千葉ジェッツ」(命名、鎌ケ谷市の会社員)やチームロゴなどを発表する。

bjリーグ時代

2011-12シーズン


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。