CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 新井愛瞳

新井愛瞳

新井愛瞳



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

新井 愛瞳(あらい まなみ、1997年11月19日 - )は、日本の元女性アイドルであり、女性アイドルグループ『アップアップガールズ(仮)』の元メンバーである。公式ニックネームは「まぁな」。

群馬県出身。元YU-M エンターテインメント所属。2021年に芸能界を引退した。

略歴

3歳の頃から小学生になるまでミキハウスや東京都内の大手ホテルのカタログのモデルとして活動していた。当時ミニモニ。に憧れていたことや、モデル以外の分野に挑戦するという理由もあり、2004年に行われたハロプロ エッグ オーディション2004を受験。同オーディションに合格し、ハロプロエッグのメンバーとなった。

2007年5月、初めて行われたハロー!プロジェクト新人公演に出演。これが新井にとって初のコンサート参加となった。2008年10月、白元グループ株式会社マザーズの「親子スキンシップ向上プロジェクト」推進キャラクターに小川紗季と共に参加した。

2010年夏、所属事務所より、ハロプロエッグの高校生以上のメンバー全員と、中学生以下のメンバーの一部に研修課程修了という通達があった。新井は研修課程を修了することになり、同年11月28日、横浜BLITZで行われた『2010 ハロー!プロジェクト新人公演11月 〜横浜JUMP!〜』がハロプロエッグとしての最後のステージとなった。一方、同年8月にはモーニング娘。9期メンバーオーディションを受けた。

その後、2011年になってから所属事務所に残る意思があるかどうか尋ねられ、新井は1週間程度迷ったが、残ることにした。同年2月22日、K-POPカバーダンスグループ『UFZS』が結成され、そのメンバーとなり、3月9日には、ハロプロエッグの研修課程を修了したことが正式に発表された。4月1日、アップフロントガールズ(仮)としてのブログ「アップフロントガールズ(仮)オフィシャルブログ」が開始された。後にグループ名は『アップアップガールズ(仮)』に改名された。新井は同グループの中では最年少のメンバーである。

2014年8月、出身地の群馬県より「ぐんま観光特使」に推薦され、8月27日に委嘱式を県庁にて行った。同年12月からは、群馬県の正式非公認マスコット「あらいぐんまちゃん。」として、ぐんまちゃん主演のドラマ『群馬県公認 ぐんまの挑戦状』に出演し、2015年8月からは「パーフェクトあらいぐんまちゃん。」として『ゆるキャラグランプリ 2015』に参加した。同グランプリには2016年も参加し、目標としていた100位以内にランクインしたことにより、群馬県のマスコット(仮)に昇格した。

2014年8月、雑誌『週刊プレイボーイ』にて「第2回・新人グラドル“ページ争奪”ガチバトル」に登場。同バトルでは優勝し『週刊プレイボーイ』誌上にグラビアが8頁掲載された。2015年3月には自身初めて『週刊ビッグコミックスピリッツ』の表紙に掲載された。

2016年3月6日スタートのNOTTVの連続ドラマ『サクラ咲く』で、ドラマ初出演。主演を務めた。

2020年10月23日、アップアップガールズ(仮)を卒業する予定であることを発表し。同年12月31日に卒業した。

2021年11月19日、年内をもって所属事務所であるYU-M エンターテインメントを退所し芸能界を引退することを発表した。

人物

  • アップアップガールズ(仮)でのメンバーカラーは自身が好きな色である青。2011年6月6日に行われた「アップフロントガールズ(仮)メンバーカラー決め大抽選会」にて決定した。また、UFZSでの担当カラーも青である。
  • ハロプロエッグ時代は眼鏡キャラクターであったが、中学生になった時にコンタクトに変え、2012年現在は眼鏡キャラクターではない。アップアップガールズ(仮)でのキャラは少年(2012年当時)。理由は髪の短さと新井自身の行動。
  • 好きな科目は英語、家庭科、音楽。
  • 2009年時点での身長は145.5cmであったが、2011年7月時点での身長は154cmである。目標は160cmであるとしている。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。