お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

石倉三郎



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

石倉 三郎(いしくら さぶろう、1946年12月16日 - )は、日本の俳優・コメディアン・タレント。本名は石原 三郎(いしはら さぶろう)。高倉健から倉の一字をもらって芸名とした。

香川県小豆郡内海町(現:小豆島町)出身。血液型はA型。4人兄姉の末っ子。

所属事務所は株式会社GROW。身長170 cm、体重65 kg。現在は東京都在住。

来歴

  • 中学1年生の頃に家族で大阪市鶴見区に転居。大阪市立緑中学校卒業後に就職。後に上京し、アルバイト生活を続ける。
  • 1967年 高倉健の紹介で東映東京撮影所の大部屋俳優になり、東映東京制作の任侠映画等に端役出演を重ねる。
  • 1972年 東映を退社。舞台に転向。
  • 1975年 チャップリンズを組み、演芸界に転向。日劇ミュージックホールでコント。
  • 1976年 コントチャップリン結成。
  • 1979年 レオナルド熊とラッキーパンチ結成もすぐ解散。一時期は、芸能界を引退、マザー牧場に勤務した。
  • 1981年 レオナルド熊とコント・レオナルド結成(事実上の再結成)。
  • 1985年 コント・レオナルド解散、以後は俳優に復帰。俳優復帰後もしばらくの間お笑いタレント活動を並行して継続し、『OH!たけし』や『風雲!たけし城』など、主にビートたけしの冠番組に出演した。
  • 2016年 『つむぐもの』で映画初主演。

交友

  • ビートたけしとは互いに浅草フランス座で下積みしていた頃からの仲。
  • コント・レオナルド解散の原因は熊との公私両面にわたる深刻な不仲化が原因(詳細はコント・レオナルドの項目参照)。解散後石倉は熊が1994年死去・葬儀に参列するまで一切熊と顔をあわすことはなかった。
  • 石倉と妻(料理店経営者)の媒酌人は坂本九・柏木由紀子夫妻が務めることになっていたが、日本航空123便墜落事故で坂本が死去し実現しなかった。
  • 山田辰夫(2009年逝去)とも交流があり、1993年にドラマ『RUN』で共演している。
  • 橋爪功とは親交が深い。『あさイチ』に橋爪がゲスト出演した際には「(橋爪の)唯一の友達ではないでしょうか。ほら、あの人(橋爪)、偏屈だから」とコメントしている。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
26名限定!S席12,000円 → カンフェティ特別価格!(チケット購入ページにて公開!)さらに5500Pゲット!(10/22 18時5分更新)
2020年10月19日 (月) 〜
2020年11月15日 (日)
明治座

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S席(1・2階席):12,000円
(全席指定・税込)
2020年10月19日 (月) 〜
2020年11月15日 (日)
明治座
販売終了

取扱中の公演
直前割引

<理由あってなっトク価格!チケット>
先着限定!S席:12,000円 → 【S席引換券】カンフェティ特別価格!(チケット購入ページにて公開!)

【S席引換券】
※当日、開演の1時間前より切符売場にて座席指定券とお引き換え致します。
 連席をご用意できない場合がございます。予めご了承ください。
2020年10月19日 (月) 〜
2020年11月15日 (日)
明治座

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定(前売):5,500円
1,000円割引!5,500円 → カンフェティ席4,500円!
(税込)

【「モバパス(電子チケット)」選択可公演】(※カード決済のみ)
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。※「モバパス」をご利用の場合、チケット買戻しサービス対象外となります。
(「モバパス(電子チケット)」の詳細はこちら
2020年12月2日 (水) 〜
2020年12月6日 (日)
シアターX(シアターカイ)

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
8名限定!5,500円(全席指定・税込) → 4,200円さらに300Pゲット!
2020年12月2日 (水) 〜
2020年12月6日 (日)
シアターX(シアターカイ)