お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

ロブ・フィッシャー



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

クライミー・フィッシャー (Climie Fisher) は、イギリスのポップ・デュオ。ボーカリストのサイモン・クライミーとキーボーディストのロブ・フィッシャーで1986年に結成された。

略歴

ロジャー・ダルトリーや元ABBAのフリーダ等に楽曲提供していたソングライターのクライミーと、元ネイキッド・アイズのフィッシャーの2人がアビー・ロード・スタジオでのセッションで出会い、クライミー・フィッシャーを結成する。

1986年にデビュー・シングル「This Is Me」を発表し、続いて1987年に2ndシングル「ラヴ・チェンジズ」を発表。同年に1stアルバム『エヴリシング』をリリース。全英14位を記録し南アフリカでは1位を獲得した。日本でも収録曲がテレビCMに使われていたこともあり話題を呼んだ。ヒップホップ調にリミックスされた「ぼくからのラヴ・ソング」はイギリスで10位を記録し、南アフリカで再び1位を記録。このヒットを受けて「ラヴ・チェンジズ」をリミックスして再発し、オリジナルリリース時の全英67位から2位に食い込み、世界各国でチャートインを果たした。最後のヒット曲となったのは、1989年リリースの「愛は河の流れ」(イギリスで22位等)だった。同年発売のセカンド・アルバム『カミング・イン・フォー・ザ・キル』はアメリカでのヒット意識したような作風と評され、全英35位と前作から沈んだ。それを受け、1990年に解散した。

解散後、クライミーはソロとなって1992年にアルバム『ソウル・インスピレーション』をリリース。商業的に失敗に終わるものの、後にプロデューサーに転向し、エリック・クラプトンやSMAP等のプロデュースを担当して活躍することになる。アレサ・フランクリンとジョージ・マイケルとのデュエットで大ヒットした「愛のおとずれ/I Knew You Were Waiting (For Me)」は作曲提供し、全米1位。

フィッシャーはリック・アストリーに楽曲提供するなど、ソングライターとしてのキャリアに向かったが、1999年に大腸癌により逝去。享年42歳。

メンバー

  • サイモン・クライミー (Simon Climie、1957年4月7日 - )
  • ロブ・フィッシャー (Rob Fisher、1956年11月5日 - 1999年8月25日)

ディスコグラフィ

スタジオ・アルバム

  • 『エヴリシング』 - Everything (1987年)
  • 『カミング・イン・フォー・ザ・キル』 - Coming in for the Kill (1989年)

コンピレーション・アルバム

  • Keep It Special (1988年) ※EP
  • Twice as Much (1992年)
  • The Best of Climie Fisher (1996年)
  • Premium Gold Collection (2000年)

シングル

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。