CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > たつき

たつき

たつき



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

たつきは、日本のアニメーター、アニメーション演出家、アニメ監督。京都府出身のケニア育ち。

同人自主制作アニメーションサークル「irodori」代表。男性。別名義は尾本達紀尾本たつき(おもと たつき)。

経歴

幼少期はケニアで過ごしており、動物好きでカメレオンなどを飼っていた。

日本に帰国した後に、京都の美術系の大学に進学し、サンライズでCGアニメーションの制作を担当した。これと並行して、大学時代にアニメの自主制作を思いつき、同期であった伊佐佳久、白水優子と共に自主制作アニメーションサークル「irodori」を立ち上げる。

その後、サンライズを離れてフリーとなるが、「irodori」の自主制作をきっかけにプロデューサーの福原慶匡がコミックマーケットで声をかけ、たつきはヤオヨロズでの制作および立ち上げに関わることになる。

2017年1月、アニメ『けものフレンズ』で商業作品初監督を務める。けものフレンズは空前の大ヒットを収め、たつきの名が広く知られるきっかけとなった。

2017年9月25日、アニメ『けものフレンズ』第二期の製作から外れたことを自身のツイッターで公表し、ファンを中心に波紋を広げた。この決定について10月にはヤオヨロズとKADOKAWAの間でのヒアリングが行われたが、12月27日ヤオヨロズの福原慶匡取締役は、最終的にこの決定が覆らなかったことを報告した。

2017年12月23日、『けものフレンズ』がTwitter Anime Of the yearを受賞。たつきはWeb配信された生特番にペンギンの被り物をして出演し、トロフィーを受け取った。受賞についてTwitterで「今年の1月1日から思うと信じられない賞なのですが、掛け値なくお客さんの起こした奇跡なので、これはお客さんへの賞なのだと思います。みなさん、受賞おめでとうございます」と語っている。

2018年2月21日、東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)2018において「アニメ オブ ザ イヤー部門」の個人賞(監督・演出賞)に選出された。

2018年7月21日、アニメ『けものフレンズ』の監督として、星雲賞(映画演劇部門・メディア部門)を受賞。

2020年5月6日、Twitterにて自身の殺害予告に対し被害届を提出したことを発表し、自身のファンが殺害予告したと誤認させる一部まとめサイトについて抗議するとともに、当該記事の即時削除と訂正謝罪掲載を要求した。これを受け、まとめサイトの1つである「やらおん!」は記事を削除した。その後、警視庁新宿署がインターネット掲示板「5ちゃんねる」に投稿された殺害予告から発信元を割り出し、6月3日までに脅迫と威力業務妨害の疑いで21歳の男性が逮捕されている。

人物

趣味は動物のほか、写真撮影、CG制作であり、特にCGについては忙しさに関わらず週に5日、仕事でCGを制作し、残りの2日は趣味でCGを制作している。

アニメ『けものフレンズ』に関する授賞式などで登壇する際は、ペンギンのマスクを被ることが多い。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。