お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードへの新規入会+チケット購入で1,500カンフェティポイントプレゼント!

會田瑞樹



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

會田 瑞樹(あいた みずき、1988年 - )は、日本の打楽器奏者。宮城県仙台市出身。

略歴

1988年、宮城県仙台市に生まれる。幼少よりヴァイオリンを照井勢子に師事。12歳で打楽器奏者を志し、佐々木祥、星律子、有賀誠門、藤本隆文に師事。宮城県仙台第二高等学校を経て武蔵野音楽大学において吉原すみれ、神谷百子に師事。2014年武蔵野音楽大学大学院修士課程修了。

2010年日本現代音楽協会主催第9回現代音楽演奏コンクール”競楽?”において大会最年少ファイナリストとしてデビューし、第二位を受賞。「憑依型の演奏」(西耕一)と評されるなど話題を集める。

2011年6月にはサントリーホール主催レインボウ21『打楽器音楽、その創造と継承』公演において総合プロデューサーと演奏家として参加。その後、打楽器奏者高橋美智子より、愛用のDeagan社ヴィブラフォンを譲り受ける。2012年初のヴィブラフォンソロリサイタルを開催。同年、作曲家、八村義夫の大規模な個展『八村義夫の世界』を東京文化会館小ホールにおいて開催。

これまでに湯浅譲二、間宮芳生、末吉保雄、水野修孝、権代敦彦、中川俊郎、近藤浩平、山内雅弘、国枝春恵、木下正道、薮田翔一、白藤淳一、坂田直樹、佐原詩音など、幅広い新作初演を行い、その数は200作品を超える。

2016年、NHK-BSプレミアム「クラシック倶楽部」では會田の演奏を1時間に渡って特集。「打楽器百花繚乱 ?Percussion Extraordinaire Mizuki Aita?」全国放送は現代音楽コンテンツの中でも異例の好評を博し再放送が続いている。これまでに3枚のアルバム『with…』(朝日新聞推薦盤)『ヴィブラフォンのあるところ』(レコード芸術特選盤)『五線紙上の恋人』(レコード芸術準特選盤)を発表。

打楽器のための協奏曲もこれまでに9作品を初演・再演しており、ISCM(国際現代音楽協会)世界音楽の日・北京大会閉幕演奏会において中国国家交響楽団、山内雅弘作曲『SPANDA ?ヴィブラフォンとオーケストラのための』では東京交響楽団、リトアニアでは権代敦彦作曲『S?wol -海から-』で聖クリストファー室内合奏団と共演している。

国際交流基金アジアセンター主催事業「Notes」参加演奏家として自作曲初演を含むインドネシア公演、フランス、パリでのリサイタルを行う。

脚注


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ席(会員限定特別割引席)設置公演>
全席自由(一般):4,500円
全席自由(学生):3,000円
500円割引!4,500円 → カンフェティ席(一般):4,000円!
(税込)
2019年10月29日 (火)
東京オペラシティリサイタルホール