お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
シアティ エンタメファンのアプリ

桂小すみ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

桂 小すみ(かつら こすみ、1973年3月7日 - )は、落語芸術協会に所属する音曲師。三代目桂小文治門下。本名?松本 優子。横浜市出身。

経歴

東京学芸大学教育学部音楽学科中学校課程卒業。大学在学時、在学中にウィーン国立音楽大学に国費留学、ミュージカル専攻を特別賞で修了。音楽科教員を経て、NHK邦楽技能者育成会を経て長唄を杵屋佐之忠に師事。

2001年、独立行政法人日本芸術文化振興会(国立劇場)「大衆芸能(寄席囃子)研修生」となる。同期は恩田えり(落語協会所属)。2003年、落語芸術協会所属の寄席のお囃子となる。

2017年、三代目桂小文治門下に入門、寄席で前座修業を勤める。2019年4月、寄席色物「音曲」に転身、桂小すみとなる。「小すみ」の「すみ」は玉川スミに由来する。

略歴

  • 2003年?落語芸術協会にお囃子として入会。
  • 2018年?三代目桂小文治門下、音曲師「桂小すみ」となり1年間の前座修行に入る。
  • 2019年3月?前座修行終了。
  • 2020年:令和元年度花形演芸大賞銀賞受賞。
  • 2021年?令和2年度花形演芸大賞金賞受賞。

人物

  • 寄席囃子研修生の面接時、履歴書を見た面接官の十代目桂文治(当時落語芸術協会会長)に「今は音曲芸人が少ないので(裏方の寄席囃子よりも)寄席に上がる芸人にならないか」と熱心に勧められたが、固辞している。
  • 桂夏丸とともにユニット「サマスモ」を結成している。
  • 2020年9月、三遊亭遊七(落語)、神田桜子(講談)、桂小すみ(音曲)で3人組パフォーマンスユニット「Comme Seau-コムソウ-」を結成。虚無僧の格好をして余興を始めたのをきっかけに、仙台花座にて活動を始動。歌やアンサンブル演奏等の余興ありきで活動している。ユニット名はフランス語で「バケツみたい」(余興で装飾バケツをかぶって虚無僧に扮したことから)。
  • 2020年8月よりにゅうおいらんずメンバー(ピアノ)。
  • 2021年、上方寄席囃子三味線奏者の浅野美希とユニット「こすみっきー」を結成。
  • 三児の母。夫は「尺八工房まつもと」主宰の松本浩和。

脚注


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。