お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

平本正宏



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

平本 正宏(ひらもと まさひろ、1983年 - )は、東京都出身の作曲家/演奏家。東京藝術大学大学院音楽研究科修了。音楽レーベルTekna TOKYO主宰。

概要

東京藝術大学在学中から作曲家として活動を開始。

2004年芸術監督金森穣のダンスカンパニーNoismの作品『SHIKAKU』の音楽を担当。

2006年より写真家篠山紀信の映像作品digi+KISHINの音楽を担当。

2013年音楽を担当した映画『さよなら渓谷』(原作:吉田修一、監督:大森立嗣、出演:真木よう子、大西信満)が第35回モスクワ国際映画祭にて審査員特別賞を受賞する。

2014年蜷川幸雄演出の舞台作品『ジュリアス・シーザー』に音楽を提供する。

2016年オペラ作品『OPERA -NEO-』(音楽・脚本・演出:平本正宏、出演:皆本麻帆、空間:鳴川肇、 科学監修:田中雅臣、ステージング:小尻健太、映像:田中啓介、衣装:SIKI IM、助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京)を発表。

映画『セトウツミ』(監督:大森立嗣)、映画『少女』(監督:三島有紀子)の音楽を担当する。NHKプレミアムよるドラマ『プリンセスメゾン』の音楽を担当する。

2017 年 1 月現代美術家束芋の新作インスタレーション「網の中」、新作パフォーマンス「網の外」の音楽を担当する。

7月ソロアルバム『-NEO-』をリリースする。

同年〜現在に至るまで、WEB UOMO 美女標本箱にて楽曲の提供を続けている。

2011年音楽レーベルTekna TOKYOを設立。現在まで9枚のアルバム作品を発表している。また、レーベル設立時より対談シリーズ"Tekna TOKYO document"を連載しており、これまでにヤマザキマリ(漫画家)、謝依旻(囲碁棋士)、中嶋一貴(レーシングドライバー)、幸村誠(漫画家)、ヲノサトル(作曲家、ミュージシャン)、若林幹夫(社会学者)、野村佑香(女優)、田中雅美(スポーツコメンテーター、シドニー五輪銅メダリスト)、長尾健太郎(数学者)などと対談を行っている。

経歴

2004年


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。