CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 野村萬斎

野村萬斎

野村萬斎



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

野村 萬斎(のむら まんさい)は狂言方和泉流野村万蔵家の名跡。元は五世野村万造の隠居名。

  • 初世野村萬斎 - 五世野村万造(1863年-1938年)の隠居名。晩年に「萬斎」と改名し、死去まで萬斎を名乗った。
  • 二世野村萬斎(1966年- ) - 本項にて詳述。1994年に襲名。

二世野村 萬斎(のむら まんさい、本名:野村 武司(のむら たけし)、1966年〈昭和41年〉4月5日 - )は、狂言方和泉流の能楽師・俳優・演出家。能楽狂言方和泉流野村万蔵家。二世野村万作と詩人・阪本若葉子の長男。

概要

人物

狂言師・二世野村万作の長男として、東京都に生まれる。

1970年、3歳のときに『靱猿』の子猿役で初舞台を踏み、4歳のときに『いろは』で初シテを務めた。

父の万作は狂言師の道に進むことを強制したわけではないが、中学生になると型にはめ込まれる狂言を窮屈に感じて、自由さを求めて部活動のバスケットボールやバンド活動に勤しむ。また、他とは違うと思われたくないため、自分の家が狂言師の一族であることを周囲には明かさなかった。変声期になると声が出なくなり、より一層狂言に身が入らなくなった。高校に入り3年生の17歳で演じた『三番叟』で狂言の面白さに目覚め、狂言師の立場を認識して受け入れられた。

1989年に東京芸術大学音楽学部邦楽科能楽専攻を卒業した。

「萬斎」襲名 と名跡の分割相続

1994年、二世「萬斎」を襲名した。

伯父・初世野村萬(本名:野村太良)と父・二世野村万作(本名:野村二朗)の兄弟は、六世万蔵の息子で、六世の没後、万蔵家の名跡を分配することになった。


長男・太良(萬)が次期当主名である「万之丞」を経て、野村万蔵家(本家)の当主名である「野村万蔵」を七世として襲名した。そして、太良が万蔵家当主を退いたのち「野村万蔵」の名跡は、既に次期当主名である「万之丞」を襲名していた太良の長男・耕介(萬斎の従兄)が八世として引き継ぐ予定であった。

しかし、耕介は襲名を半年後に控えた2004年6月に父の太良(萬)に先立ち死去した。これを受け、太良の次男・良介(萬斎の従兄)が兄に代わり九世として当主名・「万蔵」を2005年1月に襲名し、今日に至る(八世は耕介に追贈された)。また、耕介が生前に名乗った次期当主が名乗る「万之丞」の名跡は耕介の甥(良介の長男)・虎之介が六世として襲名し、今日にいたる。

そして、次男である二朗(万作)は「二世万作」の舞台名を経たのちに、五世万造(六世万蔵の父)の隠居名・萬斎を相続することになっていた。しかし、二朗は自身の父・六世万蔵の本名でもあった「万作」という舞台名に愛着を持っていた事と、六世万蔵の本名に過ぎなかった「万作」の舞台名を一代で築きあげた自負から「萬斎」を二朗自身では名乗ることはせず、息子の武司に「萬斎」の名前を相続させることとした。それにより、1994年に武司が「萬斎」を二世として襲名することとなった。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。