お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

安藤裕子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

安藤 裕子(あんどう ゆうこ、1977年5月9日 - )は、日本のシンガーソングライター、歌手、元女優。神奈川県出身。所属事務所はDG AGENT。フェリス女学院大学卒業。

来歴

  • 当初、音楽に対して特別な思い入れは持たず、絵を描くことなどを趣味としていたが、もの作りに携わりたいという思いから学生時代に映画や映像の職業を志す。しかし映画製作会社へ脚本を持ち込むなど就職活動をするもうまくいかなかったため、周囲の勧めもあり、勉強のため芸能事務所を通して役者の仕事をするようになった。その間、テレビドラマにエキストラとして出演したこともあった。
  • 大学3年生のときに役者として受けた舞台オーディションで、課題として演技の他に歌を一曲歌うという条件があった。その時の歌が思いがけずオリコンの小池聰行に評価される。これがきっかけで音楽活動を始め、以後、シンガーソングライターとして歩むことになった。
  • 歌手としてデビューする前、俳優としてTBS系ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』、映画『催眠』などに出演している。
  • 2002年当時、役者と並行して音楽活動の準備をしていたが、ドラマ出演を通じて親交のあった堤幸彦の監督作品映画『2LDK』のエンディングテーマに、デモバージョンであった「隣人に光が差すとき」が抜擢される。堤は安藤から渡された同曲のデモテープを聴いて即決したそうである。なお、この時の名義は「安藤ゆう子」だった。
  • 2003年7月、ミニアルバム『サリー』でCDデビュー。同年11月に関係者のみのコンベンションライブを行う。
  • 2005年11月より、月桂冠『つき』のCMソングに、「のうぜんかつら (リプライズ)」が起用される。当初CMにはCMソングのクレジットがなく、問い合わせが殺到するほど話題となる(クラムボンの原田郁子と間違われることもしばしばあった)。この曲は彼女の祖父が亡くなったときに祖母が書いたポエムを基に作られている。同曲を収録したアルバム『Merry Andrew』はオリコントップ10入りを果たし、「遅咲きの歌姫」「次世代のシンガーソングライター」として注目されるようになった。
  • 2006年12月には自身初の全国ツアーを敢行し、以後毎年恒例行事となっている。また、2008年からは47都道府県の制覇を目標に、アコースティックツアーを試みるなど、ライブに重点を置いた活動をしている。
  • 2009年4月には、ベストアルバム『THE BEST '03〜'09』を発売。選曲や曲順に本人が関わっている。
  • 2011年5月、公式サイトにて妊娠を発表。それにより、行っていたアコースティックライブツアーの一部を中止することも発表された。
  • 2017年5月20日、前年発売のアルバム『頂き物』をもってレコード会社および、プロデューサー安藤雄司との契約終了を公式サイトにて発表。
  • 2017年6月3日、初のセルフ・プロデュースとなる2曲入りの自主制作シングルCD「雨とぱんつ」を、ライブ会場と公式サイトにて発売。
  • 音楽性

    • ほとんどの曲を自身で作詞作曲しており、全ての曲で山本隆二が編曲を担当している。曲の制作は、まず安藤が詞と曲を作り、録音(アカペラで吹き込むことが多いらしい)してアレンジャーの山本隆二に渡す。山本はそれをもとにしてアレンジを施し、デモを制作する。さらにディレクターである安藤雄司が加わり、三人の合議によりプリプロダクションが行なわれ、参加ミュージシャンを選定しレコーディングに至る。
    • 憧れの歌手として研ナオコを挙げている。
    • 作詞においてははっぴいえんどの影響があると、たびたびインタビューで語っている。また、堤幸彦と意気投合するきっかけとなったのも、雑談中に安藤がはっぴいえんどが好きだと発言したことによる。堤は大のはっぴいえんどフリークであった。最近では他アーティストへの楽曲参加だけでなく、作詞提供も行っている。ただし自身曰く「音楽的ボキャブラリーが貧困である」という。
    • 最近の作品では、シングルのカップリングとして『大人のまじめなカバーシリーズ』と称し、自身が影響を受けているという1970年代、1980年代の他のアーティストの往年のヒット曲のカヴァーをすることが慣例になっている。

     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。