お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

劇団四季



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

劇団四季(げきだんしき)は、四季株式会社が制作企画・興行運営を行う、日本の商業演劇を代表する劇団である。初期はアート志向であり、シェークスピア、チェーホフなど既存商業演劇(新派、コマ劇場、新橋演舞場など)よりは、新劇団体(俳優座、文学座など)に近い演目を持っていたが、1972年ごろからブロードウェイやディズニーなどの商業ミュージカルに転向した。年間3500公演(1日9〜10公演)を行うとも言われている。

概要

700名以上の俳優・経営350人、技術350人のスタッフにより、東京・大阪・名古屋・札幌に設置した専用劇場を中心に年間3,000ステージ超を上演(興行)する。年間観客動員数はリピーターを含めて約300万人。1970年代以降、海外ミュージカル作品のロングラン上演を通じて日本にミュージカルを定着させるのに大きな役割を果たした。

海外ミュージカルの輸入によらない、浅利慶太がプロデュースを手がけて制作する「劇団四季オリジナルミュージカル」や「劇団四季ファミリーミュージカル」も人気がある。また、 JR東日本アートセンター自由劇場開業後は従前のストレートプレイの上演も増加している。

概歴

1953年(昭和28年)7月14日に劇団七曜会から分裂する形で設立。当初は、東京大学文学部仏文科の学生(米村晰ら)と慶應義塾大学文学部仏文科の学生(浅利慶太・日下武史ら)を中心として10人で結成した学生演劇集団であった。

最初からミュージカル劇団を志向していたわけではなく、設立からかなり長い期間の間はストレートプレイ専門の劇団だった。これは、当時新劇界を席巻していたイデオロギー優先で演劇的な面白さを欠いた潮流に懸念を抱いた創立者たちが、演劇そのものの面白さを追求する劇団として創設したこととも関連している。主にジャン・ジロドゥやジャン・アヌイらフランス文学作家の書いた戯曲を演じていた。劇団の精神的指導者は創立メンバーにフランス演劇を教えた加藤道夫であるが、加藤は劇団四季の成立直前に自殺してしまう。

当初はアマチュア的色彩の強い劇団だったが、1960年(昭和35年)に「有限会社劇団四季」を設立し法人化。浅利は石原慎太郎に知己を頼り、五島昇の仲介で日生劇場の開設と運営に携わることになった。劇場運営から経営スキルを身につけ、次第に商業演劇指向へと変化し、1967年に「四季株式会社」へ改組した。この名付け親は俳優・演出家の芥川比呂志である。

芸術性を優先して、日本人による創作劇を連続上演して経営危機に陥ったり、生活を支えるためにアルバイトを優先する劇団員と、それを批判した劇団幹部の対立によって内部分裂の危機に見舞われたりしたが、安定した集客力をもつ高水準の芝居を上演することで、公演だけで法人運営が成り立ち、劇団員も生活できる経営を志向するようになっていく。

1971年(昭和46年)に浅利のプロデュースで越路吹雪主演のミュージカル『アプローズ』がヒットすると、様々なミュージカルを上演しながらノウハウを蓄積し、1979年(昭和54年)に『コーラスライン』を上演したことが転機になる。

日本の劇場は月単位契約のため、大ヒットを重ねても結局収益が限られる傾向があり、浅利は専用劇場の確保を模索し始める。1983年(昭和58年)に西新宿の都有地空地を借り、テント張りの仮設劇場を設置し、1984年(昭和59年)11月10日まで『CATS』のロングラン公演に踏み切った(山田卓振付)。1985年(昭和60年)には大阪市西梅田の旧国鉄コンテナヤードに設置した仮設テント劇場で『CATS』を再演、13か月のロングラン公演を達成した。

浅利は、中曽根内閣時代に中曽根康弘のブレーンを務め、政界から経済界への広い人脈を活かすようになる。創立45周年の1998年(平成10年)に、国鉄改革により接点が生じた松田昌士が当時社長を務めた東日本旅客鉄道(JR東日本)がメセナ活動の一環として「JR東日本アートセンター 四季劇場」を竣工し、それを関東地方初の専用劇場とした。

四季劇場[春]のこけら落とし作品である『ライオンキング』は、日本最長である19年以上のロングラン公演記録を日々更新し、ターニングポイントとなった。以後、電通・阪神電気鉄道など大手企業が自社ビルなどに設置した劇場を専用劇場として独占的に使用したり、『アイーダ』・『マンマ・ミーア!』・『ウィキッド』など最新の海外ミュージカル作品の輸入上演により動員数を拡大し、週におおむね4日以上ミュージカルやストレートプレイを上演し続けている。

『コーラスライン』を上演するまで、劇団四季の上演回数は多くても年19回で、年平均10回程度だった。しかし『コーラスライン』を上演した1979年(昭和54年)は前年の50倍の581回となり、『CATS』を初演した1983年(昭和58年)は707回。以後一貫して上演回数が増え続け、2002年(平成14年)には2530回上演している。

特徴

方法論


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
C席:3,240円
(全席指定・税込)
2018年10月3日 (水) 〜
2018年11月30日 (金)
キャッツ・シアター(東京・大井町)

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
C席:3,240円
(全席指定・税込)
2018年11月1日 (木) 〜
2018年11月30日 (金)
大同生命ミュージカルシアター電通四季劇場[海]

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
C席:3,240円
(全席指定・税込)
2018年12月1日 (土) 〜
2018年12月31日 (月)
大同生命ミュージカルシアター電通四季劇場[海]

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
C席:3,240円
(全席指定・税込)
2018年12月1日 (土) 〜
2019年1月31日 (木)
キャッツ・シアター(東京・大井町)

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
C席:3,240円
(全席指定・税込)
2019年1月2日 (水) 〜
2019年2月28日 (木)
大同生命ミュージカルシアター電通四季劇場[海]

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
C席:3,240円
(全席指定・税込)
2019年2月1日 (金) 〜
2019年3月31日 (日)
キャッツ・シアター(東京・大井町)

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
C席:3,240円
(全席指定・税込)
2019年3月1日 (金) 〜
2019年4月29日 (月)
大同生命ミュージカルシアター電通四季劇場[海]

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
C席:3,240円
(全席指定・税込)
2019年4月1日 (月) 〜
2019年6月30日 (日)
キャッツ・シアター(東京・大井町)

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
C席:3,240円
(全席指定・税込)
2019年5月1日 (水) 〜
2019年6月30日 (日)
大同生命ミュージカルシアター電通四季劇場[海]