お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティは創刊15周年!

清水邦夫



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

清水 邦夫(しみず くにお、1936年11月17日 - )は、日本の劇作家、演出家。新潟県出身。新潟県立高田高等学校を経て早稲田大学第一文学部演劇科卒業。演劇企画グループ「木冬社」代表。妻は女優の松本典子。

来歴

早稲田大学在学中に初戯曲『署名人』を発表し、注目を浴びる。1960年早稲田大学卒業後、岩波映画に入社するが1965年に退社。劇作家として劇団「青俳」などに戯曲を提供する。

東京・新宿のアートシアター・新宿文化劇場を拠点に、演出家・蜷川幸雄とコンビを組んで、一時代を画した。1968年に蜷川と現代人劇場を結成。1969年の『真情あふるる軽薄さ』(蜷川幸雄演出)が反響を呼び、蜷川らと結成した劇結社「櫻社」が解散する(1974年)まで、蜷川とコンビを組み、反体制的な若者を描いた作品で人気を集める。

9年のブランクを経て、1982年から蜷川との共同作業が復活、『タンゴ・冬の終わりに』では、ロンドン・ウェストエンドでイギリス人キャストによる上演を行った。

1976年、松本典子らと共に演劇企画グループ「木冬社」を旗揚げ。自作の演出も数多く手がける。

その他、俳優座、民藝、文学座などに戯曲を提供する一方で映画やテレビドラマ、ラジオドラマの脚本、小説の執筆活動も行う。1994年〜2007年、多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科教授教授を務めた。

2001年11月をもって「木冬社」は結成25年で解散。その後、東京・大山のサイスタジオで続けてきた小規模なプロデュース公演を継続している。

作品

主な劇作

  • 署名人(1958年)
  • 朝に死す(1958年)
  • 明日そこに花を挿そうよ(1959年)
  • 逆光線ゲーム(1962年)
  • 真情あふるる軽薄さ(1968年)
  • 狂人なおもて往生をとぐ(1969年)
  • ぼくらが非情の大河をくだる時(1972年)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。