お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
対象のクレジットカード決済でカンフェティのチケットを購入すると5%還元!

迫光



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

迫 光(さこ ひかる、1964年 - )は日本の翻訳家、小説家。東京都出身。東京大学卒業。

トバイアス・ウルフ(en)やジョン・ホークス(en)などのアメリカ文学の翻訳がある。また、帝国劇場で上演された「エリザベート」(2000年)、「マリー・アントワネット」(2006年)の脚本の翻訳も手掛けている。

2001年、東京創元社主催の第11回鮎川哲也賞で長編ゴシックミステリー『シルヴィウス・サークル』が最終候補作に残り、翌年同社より刊行された。

主な著書

翻訳

  • 兵舎泥棒 現代アメリカ文学叢書 (トバイアス・ウルフ著、彩流社、1990年11月)ISBN 978-4882021834
  • ブラッド・オレンジ ジョン・ホークス作品集3 (ジョン・ホークス著、彩流社、2001年10月)ISBN 978-4882025900

etc...

創作

  • シルヴィウス・サークル (創元クライム・クラブ、東京創元社、2002年4月)ISBN 978-4-488-01288-5 - 解説:皆川博子
    • 第11回鮎川哲也賞最終候補作品。選考委員の笠井潔と島田荘司はこの作品を「小説的な出来としては四作中で最高である」、「非常に巧みな文章をもって読ませる文学よりの探偵小説」とそれぞれ評したが、推理小説としての本格度が低いとして受賞には至らなかった(この年の受賞者は門前典之)。
    • 「神野伶弐(じんのれいじ)シリーズ第一弾」と銘打たれているが、続巻は未刊。

脚注


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。