お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティは創刊15周年!

上田正樹



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

上田 正樹(うえだ まさき、1949年7月7日 - )は、日本のR&B・ソウルシンガー、シンガーソングライターである。

プロフィール

父は京都大学医学部卒業の医師。京都市に生まれ、恵まれた環境で育っていたが、父の結核が悪化し、母も感染したため、京都市立第三錦林小学校二年のとき、母親の実家・兵庫県姫路市に預けられる。間もなく父が亡くなり、母は回復し、父の親友でやはり医師と再婚。姫路の小学校四年の冬に、岐阜県高山市へと移った。母を巡るジェラシーから「絶対この義父には負けたくない」と東学医学部を目指して猛勉強。高山市立松倉中学校では生徒会長も務め、岐阜県立岐阜高等学校に進学。それまで音楽にはあまり興味がなかったが、在学中の1966年、友人に誘われ、学生服でアニマルズの名古屋公演を観戦。最前列の正樹少年は感動に打ち震え、それまで東大医学部を目指して勉強してきたことは何の意味も持たない、音楽の中に人生の答えがあったと感じる。コンサート観戦後は一緒にアニマルズを観た友人たちとフォーク・バンドを結成。当然勉強はおろそかになり成績は急降下。見かねた義父が母方の実家に帰し、兵庫県立福崎高等学校に転校させた。

高校卒業後、大阪をはじめとして各地のキャバレーやディスコで音楽修行。1972年12月、「金色の太陽が燃える朝に」でデビュー。1974年8月に福島県郡山市で開催されたワンステップフェスティバルに上田正樹とサウス・トゥ・サウスでデビュー。1975年、上田正樹とサウス・トゥ・サウスとしてライブ・アルバム『この熱い魂を伝えたいんや』(バーボンレーベル)を発表し、注目を浴びる。その一部は、上田正樹と有山淳司名義の『ぼちぼちいこか』(バーボンレーベル)としてリリース。

1970年代屈指のロックイベント『8・8ロックデイ』に出演。1976年、泉谷しげるの『家族』(フォーライフ・レコード)のレコーディング・セッションにピアノパートで参加。フォークシンガーの三上寛などとも交流していた。

1976年7月に同グループ解散後、ソロデビューするも、1977年11月12日に大麻取締法違反容疑で逮捕されている。

その後、1982年にリリースした「悲しい色やね」(作詞:康珍化、作曲:林哲司)が有線放送から火がつき、翌1983年にかけて日本における自身最高のヒット曲となった。1988年公開の映画『悲しい色やねん』では主題歌となり、本人も出演している。

1985年には「ライヴ・エイド」に出演した。

2000年、『FOREVER PEACE〜duet with REZA』がインドネシアやマレーシア、韓国でヒットする。

2007年にNHK土曜ドラマ『新マチベン』の主題歌に「somewhere sometime」が採用され、同年7月には同曲も収められたアルバム『OSAKA』が発売された。

創価学会員であり、著書『戻りたい過去なんてあらへん -上田正樹語りおろし-』の中では池田大作名誉会長について「池田先生。」と呼称し、敬意を示している。

ディスコグラフィー

アルバム

  • ぼちぼちいこか(1975年5月)
  • この熱い魂を伝えたいんや(1975年12月)
  • 上田正樹(1977年9月)
  • PUSH & PULL(1978年10月)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。