お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードへの新規入会+チケット購入で1,500カンフェティポイントプレゼント!

上田正樹



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

上田 正樹(うえだ まさき、1949年7月7日 - )は、日本のR&B・ソウルシンガー、シンガーソングライターである。

プロフィール

父は京都大学医学部卒業の医師。京都市で生まれ、その後兵庫県姫路市から岐阜県高山市へと移り、岐阜県立岐阜高等学校に入学するが、在学中から音楽に夢中になる。その後神戸市に移り、兵庫県立福崎高等学校卒業。

1972年12月、「金色の太陽が燃える朝に」でデビュー。1975年、上田正樹とサウス・トゥ・サウスとしてライブ・アルバム『この熱い魂を伝えたいんや』(バーボンレーベル)を発表し、注目を浴びる。その一部は、上田正樹と有山淳司名義の『ぼちぼちいこか』(バーボンレーベル)としてリリース。

1970年代屈指のロックイベント『8・8ロックデイ』に出演。1976年、泉谷しげるの『家族』(フォーライフ・レコード)のレコーディング・セッションにピアノパートで参加。フォークシンガーの三上寛などとも交流していた。

1976年7月に同グループ解散後、ソロデビューするも、1977年11月12日に大麻取締法違反容疑で逮捕されている。

その後、1982年にリリースした「悲しい色やね」(作詞:康珍化、作曲:林哲司)が有線放送から火がつき、翌1983年にかけて日本における自身最高のヒット曲となった。1988年公開の映画『悲しい色やねん』では主題歌となり、本人も出演している。

1985年には「ライヴ・エイド」に出演した。

2000年、『FOREVER PEACE〜duet with REZA』がインドネシアやマレーシア、韓国でヒットする。

2007年にNHK土曜ドラマ『新マチベン』の主題歌に「somewhere sometime」が採用され、同年7月には同曲も収められたアルバム『OSAKA』が発売された。

創価学会員であり、著書『戻りたい過去なんてあらへん -上田正樹語りおろし-』の中では池田大作名誉会長について「池田先生。」と呼称し、敬意を示している。

ディスコグラフィー

アルバム

  • ぼちぼちいこか(1975年5月)
  • この熱い魂を伝えたいんや(1975年12月)
  • 上田正樹(1977年9月)
  • PUSH & PULL(1978年10月)

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
前売:5,500円
※ドリンク代別
(全席指定・税込)
2019年7月21日 (日)
マイナビBLITZ赤坂