お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

MONGOL800



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

MONGOL800(モンゴルはっぴゃく)は、1998年に沖縄県で結成された日本のロックバンドである。ハイウェーブに所属。略称はモンパチ

メンバー

  • 上江洌清作(うえず きよさく、 (1981-02-15) 1981年2月15日(38歳) - )
ボーカル、ベース担当。
沖縄国際大学文学部英文学科卒業。
  • ?里悟(たかざと さとし、 (1980-08-17) 1980年8月17日(39歳) - )
ドラムス、ボーカル担当。
四国大学卒業。趣味は釣り。釣り番組『大ちゃんの釣りに行こう!』にゲスト出演したことがある。
2016年より、四国大学短期大学部音楽科特任教授。

旧メンバー

  • 儀間崇(ぎま たかし、 (1980-10-09) 1980年10月9日(38歳) - )
ギター、ボーカル担当。
2019年4月、体調不良のため活動休止。
2019年7月3日、脱退。次の通りコメントした。

概要

バンド名に深い意味はなく、ギターの儀間が、思いつきで考えた「モンゴル800」と言うフレーズをそのままグループ名にしただけで、実際のモンゴル国やモンゴル人とは関係ない。2001年9月にリリースされたアルバム『MESSAGE』が、発売から7か月後のオリコンチャートで首位を獲得してインディーズとしては初の280万枚以上を売り上げ、日本のスリーピースバンドのアルバムとしては最高のセールスになった。

代表曲は「DON'T WORRY BE HAPPY」、「小さな恋のうた」、「あなたに」など。青春パンクの中に位置づける見方もあったが、沖縄を拠点に活動していた事もあり自ら積極的に関わる事はなかった。

音楽性など

2004年まではバンド活動と学生生活を並行しており、居住地が離れていることもあって練習時間の制約などから勢いを重視する面が強かった。バンドに専念するようになってからは、より深く音楽と向きあうようになったという。

エレキギター、ベース、ドラムの3つの楽器しか使わず、演奏の構成は非常にシンプルである。一方で、自分たちの音と歌に対する信用が自然な形で音楽に表れていて、シンプルな演奏であってもリスナーを退屈させない、と近田春夫は評している。アレンジの知識や演奏技術については経験を積むに従って格段に向上していった。

結成当初からライブが好きで、『MESSAGE』がブームになった時も期待してきた観客が喜ぶ事がうれしかったという。精神的に余裕がなくても、MCなどの観客とのコミュニケーションを積極的に行なっている。ライブでの入場曲である『Enjoy Yourself (It's Later Than You Think)』はカバーした『2TONE RECORDS TRIBUTE ALBUM BLACK 〜RESPECT TO GANGSTERS〜』に収録されている。

「琉球愛歌」や「矛盾の上に咲く花」等、琉球愛をテーマとした曲が多い。故郷の沖縄のことを歌った時に、そこに自分の地元を重ねあわせて聴かれているのではないか、と上江洌は語っている。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。