お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

蒼井翔太



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

蒼井 翔太(あおい しょうた、1987年8月11日 - ) は、日本の声優、歌手、舞台俳優。福井県出身。株式会社S所属。レコードレーベルはKING AMUSEMENT CREATIVE。

来歴

中学3年生の時に友達に連れられて行ったカラオケで倖田來未の「So Into You」を歌った際に声を褒められた。声がコンプレックスで歌うことが嫌いだったが、それを機にカラオケに少しずつ通うようになる

2004年、地元福井テレビ主催の夏祭り「ぺんたワイワイ夏祭り」で行われるカラオケ大会のオーディションに合格するも、豪雨で祭りが中止になる。しかし、オーディションのスタッフから電話があり、ヤマハ音楽振興会のTEENS' MUSIC FESTIVALに出場することになる。その大会の県大会および東海北陸地区大会でグランプリを獲得し、渋谷公会堂で行われた全国大会に進出 。中村中(関東甲信越代表)をはじめ、他の参加者の多くがオリジナルの楽曲を披露する中、カバー曲「1000の言葉」(倖田來未)を歌った。人生初ステージとなったこの大会がきっかけで歌手を志す。大会後、事務所(アワーソング)からの電話を受け歌手活動を開始。

2006年7月26日、SHOWTA.としてシングル「願い星」でキングレコードからメジャーデビュー。

事務所所属当初から「アニメやゲームの仕事をしたい」と伝えていたが、経験もないためなかなか認められなかった。一度声優のオーディションを受け、落ちた経験がアニメやゲームの仕事をしたいという意思を固めることとなった。3年程活動するうちに、「人生は一度きりだし、自分のやってみたいことを諦めずに一歩踏み出したい」と思い、アニメやゲームに携わる道に進みたいと自ら辞意を申し入れ、2010年1月14日にアワーソングスとのマネージメント契約が終了。フリーとなる。

2010年2月1日、芸名を柳ヶ木 昇(りゅうがき のぼる)に改名し、アニソン歌手・声優を目指して活動再開。同年7月8日、「NEO GIRLS FESTIVAL TOgether P-WEST」へ出演した時、ULTRA-PRISMの小池雅也から「面白いね」と言われ仲良くなる。その後、小池から株式会社Sの社長である佐藤ひろ美を紹介してもらい 、10月より株式会社Sに所属し、蒼井翔太として活動を始める。また、佐久間紅美や松井菜桜子のもとでレッスンを受けるなど、佐藤の勧めにより声優の勉強を始める。

2011年2月24日、ゲーム『Black Robinia』で声優デビュー。同年10月より放送のアニメ『君と僕。』では劇中歌を担当し、松下隆之介役でアニメデビュー。

2013年6月26日発売のミニアルバム『ブルーバード』でCDデビュー。

2014年12月3日、OVA『この男子、石化に悩んでます。』にて田万里歩役で初主演。また初アニメ主題歌となる「glitter wish」では歌唱の他に作詞作曲も手がけた。

2016年3月1日付で、音楽レーベルをキングレコードのキング・アミューズメント・クリエイティブ本部に移籍。これに伴い、Sが運営していたオフィシャルファンクラブが、キングレコードへ移管(モストカンパニーへ委託)。

2019年9月放送開始の連続ドラマ『REAL⇔FAKE』(MBS/TBS)でテレビドラマ初出演。蒼井は国民的歌姫役を演じる。

人物・エピソード

小学校3年生から中学校1年生ごろまで学校へ行っておらず、引きこもりがちな少年時代を過ごした。

両親の影響で小学3年生から硬式テニスをやっていた。中学生の時に松岡修造の指導を受けた経験もあり、全国大会に出場するほどの腕前だった。そのため当時はプロテニスプレイヤーを目指しており、歌手・役者の道に進むことは考えていなかった。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。