お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードへの新規入会+チケット購入で1,500カンフェティポイントプレゼント!

中田譲治



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

中田 譲治(なかた じょうじ、1954年4月22日 - )は、日本の声優、ナレーター、俳優。本名:中田 均志

東京都出身。桐朋学園卒業。エヌ・エー・シー、賢プロダクションを経て、大沢事務所所属。特技は乗馬、ジャズダンス。

声優としての代表作に、『巌窟王』のモンテ・クリスト伯爵、『ケロロ軍曹』のギロロ伍長、『HELLSING』のアーカードがある。

来歴

桐朋学園短期大学部で演劇を学び、テレビの時代劇や刑事ドラマ、特撮ドラマなどでキャリアを積んだ。1979年にフジテレビ系列で放送された『手錠をかけろ!』には二枚目の若手刑事・寺泉役でレギュラー出演したが、1980年代からは強面の悪役俳優として活躍。チンピラ、ヤクザ、殺し屋、凶悪犯などの役をさまざまな作品で演じ、特撮ドラマでは悪の大幹部役を演じた。その後賢プロダクションに所属し、1990年代以降は声優活動に仕事の重点を移した。

人物像

出演作品との関係

座右の銘は「解体。そして再構築」であると雑誌のインタビューで答えている。

スーパー戦隊シリーズ
中田本人のインタビューによると『超新星フラッシュマン』のサー・カウラー役に中田を推薦したのは『Gメン'75』で付き合いがあった監督の長石多可男であったという。しかしオファーを受けたものの出演を受諾するか悩み、『巨獣特捜ジャスピオン』に出演した友人の高畑淳子に相談したところ、「本当に面白い。絶対にやるべき」と言われたため出演を決意したという。長石は続く『光戦隊マスクマン』でゲスト声優、『超獣戦隊ライブマン』でもレギュラーで中田を起用している。『海賊戦隊ゴーカイジャー』の第30話では当時は助監督だった演出担当の渡辺勝也の希望により、この回に登場するザイエンの声を担当した。なお、『ゴーカイジャー』でゲスト出演した回は自身がレギュラーを務めた『ライブマン』に関連した回であった。
『ロードス島戦記』の登場人物「傭兵王カシュー」はイラストを担当した出渕裕のデザインであるが、元となっているのは出渕がキャラクターデザインを行い、中田が演じたサー・カウラーである。テレビアニメ『ロードス島戦記-英雄騎士伝-』では、中田が傭兵王カシューの声優を務めている。
ケロロ軍曹
『ケロロ軍曹』ではギロロ伍長役を演じているが、ちびギロロの声が平松晶子や斎藤千和の声になっているため、時々レギュラー出演しているラジオ番組では「譲治さん版ちびギロロ」の声を務めている。
トランスフォーマー ギャラクシーフォース
破壊大帝マスターメガトロンを演じていた際は、公式サイトにマスターメガトロンの玩具を持って同じポーズを取る写真が掲載されたり、マスターガルバトロンに変化した際は「気に入りました。」とコメントしていた。
TYPE-MOON作品

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
抽選先行

<カンフェティ取扱チケット>
S席:9,800円
A席:6,800円
(全席指定・税込)
2019年7月21日 (日)
世田谷区民会館
ホール