お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティ創刊14周年

レイザーラモン



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

レイザーラモンは、日本のお笑いコンビ。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。

メンバー

HG / 住谷正樹(エイチジー / すみたに まさき、1975年12月18日 - )
元々はボケを担当し、ハードゲイキャラ、レイザーラモンHGの存在自体がボケと言えるが、『THE MANZAI』などへの出演以降はツッコミを担当する。漫才ではハードゲイキャラは一切出さないが、ツッコミの際に「セイ!」を取り入れることもある。左利き。
RG / 出渕誠(アールジー / いずぶち まこと、1974年6月8日 - )
元々はツッコミを担当していたが、レイザーラモンHGのブレイクを期に類似キャラ「レイザーラモンRG」となり、ダブルボケのような状態となる。以降、「シルバーウルフ」などのピン芸のネタを増やし、『THE MANZAI』などへの出演以降はボケを担当する。

来歴

大学時代は、共にプロレス同好会に所属。住谷は同志社大学で、リングネームは「ギブアップ住谷」。一方、出渕は立命館大学でプロレスラー新崎人生をもじった「チン先真性」の名で活動していた。両大学のプロレス同好会は定期戦などで交流があり、しばしば顔を合わせていた。共に学内チャンピオンを獲得した経験を持つ2人は意気投合し、1997年10月にお笑いコンビ「レイザーラモン」を結成。コンビ名は、スコット・ホールがWWF時代に名乗っていたリングネーム「レイザー・ラモン」に由来する。

卒業記念でエントリーした「今宮子供えびすマンザイ新人コンクール」で福笑い大賞を受賞。その後2丁目劇場のオーディションライブ「SABIKI」などに出演し、腕を磨いた。

大学卒業後はそれぞれ就職し、住谷は生活協同組合コープこうべ、出渕はカーディーラーで働いていたが、お笑いの道を諦め切れず、程なく脱サラして吉本興業入り。

  • 1999年
    • バッファロー吾郎プロデュースの「爆笑新ネタ逆転満塁ホームラン寄席」に初出演し、本格的にプロとして活動を始めた。吉本の同世代では珍しいNSC非出身者。大阪NSC17期生と同期になる。
    • 10月、毎日放送「クヮンガクッ」で、初のテレビ番組のレギュラーとなる。しかし翌3月、「悲しみの豆板醤事件」が仇となり降板した。
  • 2000年
    • 「ABCお笑い新人グランプリ」では審査員特別賞を受賞。
    • フジテレビ「新しい波8」に3度出演。しかし、後に同番組から派生して開始した「はねるのトびら」のレギュラーには選出されなかった。
  • 2001年
    • 11月、吉本新喜劇に加入。いずれも若手ではセリフが多い方で、共に様々な役柄を演じた。

レイザーラモンHGのブレイク


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。