お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティ会員100万人突破キャンペーン

鳳月杏



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

鳳月 杏(ほうづき あん、6月20日 - )は、宝塚歌劇団月組に所属する男役スター。

千葉県船橋市、国府台女子学院中学部出身。身長172cm。血液型A型。愛称は「ちなつ」、「てね」。

来歴

2004年4月、宝塚音楽学校入学。

2006年3月、宝塚歌劇団に92期生として入団。入団時の成績は26番。宙組公演「NEVER SAY GOODBYE」で初舞台。その後、月組に配属。

2013年、「ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-」新人公演で、アンドレ役(本役:龍真咲・明日海りお)に抜擢。入団7年目となる最後のチャンスで新人公演初主演を射止める。

2014年、「New Wave!-月-」(バウホール公演)で、メインキャストを務める。同年12月28日付で花組へと組替え。

2015年、「スターダム」でバウホール公演初主演。

2019年4月29日付で、再び古巣の月組へ組替えとなる。

2020年、「出島小宇宙戦争」(ドラマシティ・東京建物 Brillia HALL公演)で、東上公演初主演予定。

人物

芸名は、好きな映画の中から母と一緒に考えたもの。「鳳」という字が使いたかったのと、「杏」は「ローマの休日」のヒロインの名から命名した。

一人っ子。3歳からクラシックバレエを習っており、宝塚に嵌ったのが小学校2年生の頃。テレビで観て大好きになり、母が録画してくれたビデオを毎日観ていた。

転機は中学2年時の頃で、身長が伸び始めて将来を考えた時、漠然と「宝塚」が脳裏に浮かぶ。宝塚の劇場公演を見てみようと思い立ち、チケットを買って一人で舞台を観に行った。

映像とは感じるものが違ったが、なぜか初めて見た気がせずに親しみを感じ、「ここに入りたい」と、受験を決意。

歌などは受験の1年前から始め、「ちょっと挑戦してみようと気楽に受験したので楽しかった」。

合格した時は本当にびっくりし、遠くにいた母に「受かった!受かった!」と泣きながら口をぱくぱくさせて喜んだ。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。