CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 海乃美月

海乃美月

海乃美月



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

海乃 美月(うみの みつき、5月18日 - )は、宝塚歌劇団月組に所属する娘役。月組トップ娘役。

富山県氷見市、市立北部中学校出身。身長164cm。血液型O型。愛称は「うみ」、「くらげ」。

来歴

2009年、宝塚音楽学校入学。

2011年、宝塚歌劇団に97期生として入団。星組公演「ノバ・ボサ・ノバ/めぐり会いは再び」で初舞台。

2012年、組まわりを経て月組に配属。

歌・ダンス・芝居と三拍子揃った娘役として注目を集め、2014年の「明日への指針/TAKARAZUKA 花詩集100!!」で新人公演初ヒロイン。その後も3度に渡って新人公演ヒロインを務める。

2015年の「1789」で、トップスター・龍真咲の相手役に、早乙女わかばとダブルキャストで抜擢。続くバウ・ワークショップ「A-EN(エイエン) ARI VERSION」で、バウホール公演初ヒロイン。

2017年の「瑠璃色の刻」(ドラマシティ・赤坂ACTシアター公演)で、東上公演単独初ヒロイン。その後も4度に渡って東上公演単独ヒロインを務める。

2019年の「アンナ・カレーニナ」でバウホール公演単独初ヒロイン。

2021年8月16日付で月組トップ娘役に就任。入団11年目でのトップ就任となった。月城かなとの相手役として、「川霧の橋/Dream Chaser」(博多座公演)で、新トップコンビお披露目。

人物

体を動かすのが大好きな子供で、クラシックバレエを習い、合唱隊に入って歌うことを楽しんでいた。

宝塚初観劇は、通っていたバレエスタジオのバスツアーで観た星組公演「王家に捧ぐ歌」。宝塚受験を決意したのは2006年星組公演「ベルサイユのばら」を観てから。

中学1年の冬、県民ミュージカルに出演。オーディションで主役を演じ、芝居を初めて経験する。

姉と同じ高校を受験するが、自分は宝塚へ行くという根拠の無い自信があり、高校入試に合格し、入学説明会を受けたその足で母と宝塚へ向かい、音楽学校の受験に臨んだ。

愛称の「うみ」は芸名から、「くらげ」は芸名を海月と呼び間違えられたことに由来する。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
先着先行

<カンフェティ取扱チケット>
S席:8,800円
A席:5,500円
B席:3,500円
(全席指定・税込)

【チケット配送について】
※お買い求め頂きましたチケットは、カンフェティの会員登録住所に発送されます。
※複数のご購入をいただいた場合は、配送時にお荷物をまとめさせていただきます。あらかじめご了承ください。
※チケットは<7月初旬頃まで>に弊社より発送予定です。
 万一予定日を過ぎても到着しない場合は
 カンフェティチケットセンター(03-6228-1630)までお問い合せ下さい。
※チケットをお受け取りいただけず、万が一再送となってしまった場合、再送費用につきましてはお客様のご負担となります。
以上、あらかじめご了承ください。
※無断有償譲渡禁止/購入者の氏名連絡先確認済

こちらのチケットは、
[WEB予約]のみ の受付です。
お電話でのご予約はいただけません。
2022年7月16日 (土) 〜
2022年8月22日 (月)
宝塚大劇場