お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

鴻池朋子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

鴻池 朋子(こうのいけ ともこ、1960年 - )は、日本の美術家。

来歴

秋田県生まれ。1985年東京芸術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業。

玩具と雑貨のデザインに携わり、1998年より絵画、彫刻、パフォーマンス、アニメーション、絵本などの様々なメディアを用いて、現代の神話(動物が言語を獲得するまでの物語)を、地形や場とのサイトスペシフィックなトータルインスタレーションで表現。人間学/動物学、おとぎ話、考古学、民俗学などと学際的に対話を重ね、エネルギーと芸術の問い直しを試みている。

2015年個展「根源的暴力」では現在のアートの美術体系を超えた視点から、芸術の始まりに立ち戻り「つくる」すべてのことを言及した。

2016年『どうぶつのことば〜根源的暴力をこえて』(羽鳥書店)を上梓。2017年、個展「根源的暴力 Vol.2」で第67回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。

2018年、個展「ハンターギャザラー」(秋田県立近代美術館)では、東北と北海道で害獣駆除される動物の毛皮を画材とし、人間のものづくりの“原型”となる「狩猟採集」をテーマに原型の再編成を試みた。

2014年からは人々の物語を聞き取りし手芸で縫い上げる「物語るテーブルランナー」プロジェクトを国内外で行い200点近い作品が制作されている。

2019年の瀬戸内国際芸術祭では、元ハンセン病療養所の大島青松園にて、昭和8年に患者たちがつくり、その後長い間閉ざされていた1.5キロの山の道を復活し、新たな官能的な森の創作が継続されている。


主な個展

2018 「ハンターギャザラー」秋田県立近代美術館

   「毛皮物語Fur Story?: Tomoko Konoike」 Leeds ArtUniversity /イギリス

2016 「根源的暴力〜あたらしいほね」群馬県立近代美術館

   「皮と針と糸と〜鴻池朋子」新潟県立万代島美術館

2015「根源的暴力」神奈川県民ホールギャラリー

2013 「TomokoKonoike」「Earthshine」ウェンディ・ノリス ギャラリー/サンフランシスコ 

2009 「インタートラベラー 神話と遊ぶ人」東京オペラシティアートギャラリー


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。