お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

蜷川実花



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

蜷川 実花(にながわ みか、1972年10月18日 - )は、日本の女性写真家、映画監督。愛称は「ニナミカ」。小山登美夫ギャラリーに所属し、芸能事務所はエイベックス・ヴァンガードと提携している。2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事。

略歴・人物・作風

演出家・映画監督の蜷川幸雄とキルト作家の真山知子(蜷川宏子)夫妻の間に第一子として出生、妹が一人いるが一般人のため公表されていない。従姉は女優の蜷川有紀、蜷川みほ。曾祖父は俳優の谷崎十郎。

桐朋女子高等学校、多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科卒業。1997年に最初の結婚をしたがその後離婚。2004年に再婚したが2007年に離婚。2007年10月に妊娠していることを自身が編集長を務める雑誌ほかにて公表した。同年12月11日に第1子(長男)を出産した。一部報道では事実婚とされていたが、自身の公式ウェブサイト内の日記にて、入籍したことを発表している。2015年5月24日、ブログにて第2子妊娠を報告。9月25日、インスタグラムにて第2子出産を公表。

東村アキコの作品「ママはテンパリスト」で東村アキコとママ友である事が明かされている。

2007年2月24日公開の映画『さくらん』で、初の映画監督を務めている。2010年にAKB48「ヘビーローテーション」のPV監督。

2016年4月18日号から、朝日新聞社のニュース週刊誌『AERA』の表紙写真を担当している(坂田栄一郎から交代)。

受賞歴

  • 1996年、第9回写真3.3m2展(ひとつぼ展)・グランプリ。
  • 1996年、第13回キヤノン写真新世紀・優秀賞。
  • 1998年、第9回コニカ写真奨励賞。
  • 2001年、第26回木村伊兵衛写真賞。
  • 2006年、第13回VOCA展大原美術館賞。

写真集

  • 「17 9 '97」(1998.02 メタローグ) 
  • 「Baby Blue Sky」(1999.11 メタローグ)
  • 「French kiss」(1999.12 幻冬舎 写真詩集 桜井亜美共著)

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
◆前売
【〜7月11日(木) 23:59まで販売】
入館料
一般:1,300円 
中・高校生:1,000円
4歳〜小学生以下:600円

ペア割引券
一般2名:2,300円
一般+中・高校生:2,000円
一般+4歳〜小学生以下:1,700円

◇当日
【7月12日(金) 0:00〜販売開始】
入館料
一般:1,500円
中・高校生:1,200円
4歳〜小学生以下:800円

※3歳以下無料
※団体割引料金(団体は10名様以上前売り料金)
※障害者手帳・特定疾患医療受給者証をお持ちの方と付添の1名様まで無料
(税込)


2019年7月12日 (金) 〜
2019年9月23日 (月)
大阪文化館・天保山