お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

Mr.



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ミスター(Mister、Mr. または Mr)は、英語における敬称の一つで、男性のラストネーム(姓)またはフルネームに対して使用される。イギリスと多くのイギリス連邦諸国では、通常ピリオドはつけない。アメリカ合衆国とカナダでは、通常ピリオドをつける。

歴史

女性に対する敬称ミセス(Mrs)、ミス(Miss)、ミズ(Ms)が全てミストレスから派生したのと同様、ミスターはマスター(master)から派生したものである。マスターは今でも少年や青年男性に対して使われることもあるが、その使用は珍しくなっている。

現代の複数形はMistersだが、その通常の正式な略語Messrsは、18世紀のフランスの称号messieursに由来する。messieursmonsieur(ムッシュ)の複数形で、monsieurmon sieur(英語の"my lord"、「私の領主」の意)から派生したものであり、その構成部分の両方を別々に曲用することによって形成された。

歴史的に、「ミスター」はサー(Sir)や"my lord"のように、イギリスの封建制度の中で自分の地位よりも上の地位の人に対してのみ使用されていた。次第に、平等な立場にある人に対する尊敬の印として、高い身分を持たない全ての男性に対する敬意の印として徐々に拡大されていった。

何世紀にもわたって、「ミスター」は会話時に混乱するかもしれない家族のメンバーを区別する場合にファーストネームをつけて使われた。Mr Doe(ミスター・ドウ)とラストネームのみをつけた場合はドウ家の年長者を指し、その弟やいとこなどはMr Richard DoeMr William Doeのように言った。このような用法は、家族経営のビジネスで、また家庭内労働者が同じ姓の成人男性の家族を呼ぶ場合に、"Mr Robert and Mr Richard will be out this evening, but Mr Edward is dining in."(ミスター・ロバートとミスター・リチャードは今晩外出するが、ミスター・エドワードは家で食事する)のような言い方で長く残った。他に、親密さや尊敬を示すための同様の用法が、米国南部などのほとんどの英語の文化で共通している。

職業的な称号

ミスターは特定の称号につけて使われることがある。Mr President(大統領殿)、Mr Speaker(発言者殿)、Mr Justice(裁判官殿)、Mr Dean(司祭殿)などで、日本語で役職名などに殿をつけるのと同様の用法である。この場合の女性に対してつける敬称はマダム(Madam)である。ここで挙げたもの(Mr Justice以外)は、名前を使わずに呼びかける言葉として使われる。

さまざまな地域の特定の職業において、「ミスター」は特別な意味を持っている。以下はそのいくつかの例である。

医療

イギリス、アイルランドおよび一部のイギリス連邦諸国(南アフリカ、ニュージーランド、オーストラリアの一部の州)では、多くの外科医がドクター(Dr)よりもミスター(女性の場合はミス、ミズ、ミセス)の称号を使用する。19世紀まで、外科手術は床屋外科医の仕事であり、外科医の資格を取るのに医学の学位の取得は必要なかった。このような歴史的な経緯から、イギリスでは、外科手術の資格試験に合格したら、称号をドクターからミスターに戻すという習慣がある。

軍事

アメリカ軍では、准士官(warrant officer)と上級准士官(chief warrant officer)は、上級士官から「ミスター」と呼ばれる。アメリカ海軍とアメリカ沿岸警備隊では、少佐(lieutenant commander)以下の士官をミスターと呼ぶことが適切であり、階級よりも「ミスター」を使用することで親しみやすさを暗示している。少佐以下の女性士官には、適宜、ミス、ミズ、ミセスと呼びかける。

イギリス軍では、准士官は他の階級や下士官からは「サー(Sir)」と呼ばれる。士官、特に下級士官は、准士官に対しては姓に「ミスター」をつけて「ミスター・スミス」などのように呼びかける。准大尉(subaltern)は、他の階級やより上級の指揮官によって、姓に「ミスター」をつけて呼ばれる。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
◆前売
【〜7月11日(木) 23:59まで販売】
入館料
一般:1,300円 
中・高校生:1,000円
4歳〜小学生以下:600円

ペア割引券
一般2名:2,300円
一般+中・高校生:2,000円
一般+4歳〜小学生以下:1,700円

◇当日
【7月12日(金) 0:00〜販売開始】
入館料
一般:1,500円
中・高校生:1,200円
4歳〜小学生以下:800円

※3歳以下無料
※団体割引料金(団体は10名様以上前売り料金)
※障害者手帳・特定疾患医療受給者証をお持ちの方と付添の1名様まで無料
(税込)


2019年7月12日 (金) 〜
2019年9月23日 (月)
大阪文化館・天保山