CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 楪



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ユズリハ(楪・交譲木・譲葉・杠、学名: Daphniphyllum macropodum)は、ユズリハ科ユズリハ属の常緑高木。

花の形態がトウダイグサ科に似るので、古くはトウダイグサ科に含められたが、雌蕊が2個(トウダイグサ科は3個)などの違いから、独立のユズリハ科(学名: Daphniphyllaceae)とされた。APG分類体系ではユキノシタ目に入れられている。

名称

和名ユズリハは、春に枝先に若葉が出たあと、前年の葉がそれに譲るように落葉することに由来する。古名はユズルハ(弓弦葉)といわれ、葉の中にある主脈がはっきりと目立ち、弓の弦のように見えることに由来する。そこから発展した地方名(方言)としてツルノハというものもある。

分布と生育環境

日本の福島県・関東・東海地方以西の本州、四国、九州、沖縄と、日本国外では朝鮮半島南部、中国(中部から南西部)まで自然分布する。日本の植栽可能地域では、東北地方南部より沖縄の地域となる。主に暖地の山地や広葉樹林内に自生する。

形態・生態

常緑広葉樹。高木の中でも中高木に分類され、高さは4 - 10メートル (m) ほどになり、幹は直立して上部は多く枝分かれをし、前年葉をつけたこんもりした樹形となる。樹皮は灰褐色から茶褐色で、縦に筋が入る。若枝は赤みを帯びる。

常緑樹でありながら、若葉に座を譲るように、春に古い葉が落ちて新しい葉と入れ替わる。葉は互生して、枝先にらせん状に集まってついて、葉身は垂れ下がる。葉身には光沢があり、長さは8 - 20センチメートル (cm) ほどの長楕円形から倒披針形で、先端は短く尖り、基部はくさび形。葉の裏側は白みを帯びる。長さ8 - 20?cmほどある葉柄は赤紫色を帯び、本種の特徴にもなっている。

花期は春から初夏(4 - 6月)、前年枝の葉腋から長さ4 - 8?cmの総状花序を出して、花被(花弁と萼)がない小さな花を多数つける。雌雄異株で、雄花・雌花とも花色は黄緑色をしている。

果期は6 - 12月で、果実は長さ15 - 20?cmで、枝先に集まってつき、10月から11月に熟して黒褐色になる。

冬芽は葉柄の基部につき、紅色を帯びて、葉柄が変化した芽鱗に包まれる。葉痕は半円形で、維管束痕は3個ある。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
1部:4,000円
2部:4,500円
(スタンディング・税込)

※別途1ドリンク代必要

こちらのチケットは、
[WEB予約]のみ の受付です。
お電話でのご予約はいただけません。
2022年7月23日 (土)
大塚Deepa