お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

三又又三



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

三又 又三(みまた またぞう、1967年5月27日 - )は、日本のお笑いタレント。レフェリー。オフィス北野所属。岩手県花巻市出身。1992年から2007年まで、山崎まさやを相方にお笑いコンビ・ジョーダンズのボケとして活動。旧芸名および本名は三又 忠久(みまた ただひさ)。血液型O型。

略歴

仙台育英学園高等学校卒業。コロッケの付き人経験があり、当時コロッケにより命名された芸名はハムエッグであった。1992年に山崎まさやとお笑いコンビのジョーダンズを結成し正式にデビュー。ドラマ『3年B組金八先生』の武田鉄矢演じる主役坂本金八の物真似で人気を博する。元々は姉が武田のマネをしており、伝授されたものである。また、金八の衣装は武田節子から贈られた本物である。知り合ったキッカケは大川明子が武田の舞台に三又を招待した時に武田夫妻と鉢合わせになった時、節子夫人が鉄矢に対して「若かりし頃のアンタにそっくり」と絶賛したことから。

2004年頃に髪型を長髪から坊主に変更。同年10月、漫画家の小山ゆうとの交友の縁もあり、新宿シアターサンモールで武田鉄矢原作の漫画の舞台版『お〜い!竜馬 −青春篇−』を主演、企画、プロデュース。2006年8月に劇団「マッチョドラゴン」を旗揚げした。2007年、ジョーダンズ解散を契機として同年2月より、それまでの芸名を本名の「三又忠久」から三又又三に改めた。なお、六本木でシャンパンバー「Bar MataZo」を経営していた。

2014年より2018年まで、東日本放送で初の冠番組三又ノ番組が放送されていた。同番組で2016年に牛タン大使、ずんだ餅大使、仙台大観音大使、仙台牛大使、山形牛大使、チャチャワールドPR大使を委嘱されているほか、色麻町の1日町長にも就任していた。

格闘技への関わり

アマチュアレスリングの経験者で、仙台育英学園高校時代は60kg級で宮城県大会の2位になる。タレント活動するようになってから、これを活かして、『やりすぎコージー』の「やりすぎ格闘王」、『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』の「芸人格闘王」、『レッスルコロシアム ザ芸能界!最強格闘王者グランプリMAX』『世界衝撃のスゴびっくり!大集合 格闘王スペシャル!!』などテレビ番組の企画でグラップリングを主体とした有名人との試合を行なっている。

立ち技格闘技のシュートボクシングの創始者で会長のシーザー武志とも親交を結んでおり、中継番組の司会や、ゲスト解説者を務めている。シュートボクシングには、アマチュア大会の出場経験もある。

プロレスも好み、新日本プロレスへは入団することも考えていたほどだという。2005年2月にさいたまスーパーアリーナで開催されたテレビショー日本公演にも、観戦に訪れている。

旗揚げした自らの小劇団「マッチョドラゴン」の名前の由来は、藤波辰巳の歌のタイトルである。

同じ花巻市出身のエル・サムライは小学校の1学年先輩で、少年時代によく遊んでいたとされる。

2017年4月より、プロレスリングZERO1の大会に登場するほか営業活動や道場での練習にも参加し、同年10月より同団体のGMに就任した。

2018年6月、博多スターレーンにて、電流爆破バットデスマッチでプロレスラーとしてもデビュー。

家族

父は医師で実家は開業医、兄は歯科医を営んでいたが、2016年12月28日に白血病で亡くなったと自身のTwitterで公表している。曽祖父は宮沢賢治と親友であったとしている。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。