CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > モーリー・ロバートソン

モーリー・ロバートソン

モーリー・ロバートソン



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

モーリー・ロバートソン(Morley Edmund Robertson、1963年1月12日 - )は、日本を中心に活動している米国籍のタレント、DJ、ラジオパーソナリティ、ミュージシャン、コメンテーター。ニューヨーク生まれの広島市育ち。『モリロバ』とも。

パートナー(事実婚)は女優の池田有希子。実弟は米国軍保健科学大学助教のDr.Henry T Robertson。

来歴

アメリカ合衆国ニューヨーク生まれ。実家はメリーランド州モンゴメリー郡ポトマクにある。スコットランド系アメリカ人で心臓専門医の父Thomas Lee Robertson, Jr.、毎日新聞社記者である日本人の母ロバートソン黎子の間で出生。弟がいる。

1963年:生後2か月から、幼稚園に通う頃まではサンフランシスコに在住。

1968年:父の転勤で広島県広島市段原(現:南区)に移住。父は比治山上の原爆傷害調査委員会(ABCC、現:放射線影響研究所)に勤務し原爆患者の調査にあたった。広島カープ初優勝に貢献したゲイル・ホプキンスが、引退後に医学生になるため、父が書いた推薦状を取りに家に来たことがあるという。広島市の幼稚園を経て、小学校5年生まで広島市のインターナショナルスクールで過ごす。勉強は百科事典くらいある分厚い教科書を自分のペースで進めるなど競争のないゆったりとした雰囲気の環境だった。

1973年:完全に広島っ子になったと認識し、「日本語や漢字を使えるようになりたい」と外国人のための学校を辞め、小学校5年の2学期から同市佐伯区の公立小学校である広島市立五日市南小学校に転校。「起立、気をつけ。礼」など日本の規律正しい学校生活に慣れるのは大変だった。

1975年:中学受験をし、広島藩校の流れを汲む男子進学校の私立修道中学校にトップクラスの成績で入学する。父の転勤で2年1学期末に修道中学校を中退し、米国ノースカロライナ州チャペルヒルに転居。同年9月、チャペルヒルの公立校に入学したが、すぐにデューラム市の私立校に転校。ここで1年飛び級した。

1977年:父の転勤でサンフランシスコへ転居。同年9月、現地の公立高校に入学。のちに本人の強い希望で広島の修道高等学校に留学生として戻るも、1年後に当時流行っていたディスコに行くなどして「不良」の烙印を押されてしまい、同校から自主退学。

その後、母の実家がある富山県高岡市に母や弟と移住。当初、富山県立高岡高等学校は転入に難色を示し、聴講生の扱いでしばらく通学。その後に編入を認められた。この頃、心の支えになったのが音楽だった。当時の富山にはディスコがなく、仕方がないのでディスコに似ているであろうという理由でライブハウスに足を運び、そこで大手資本のついていない、インディペンデントなパンクバンドの社会への憤りなどを歌う姿勢に感銘を受けて、「自分も音楽の世界で生きていこう!」という指針を持った。近くの工業高校生とパンクバンドを組み市外でライブ活動もしていた。1981年3月、高校を卒業。

中高は日米を行き来したので教育システムの違いに困惑した。特に数学は米国ではプロセスを大切にしていたが、日本では受験を前提に公式を覚えることが多かった。英語が話せるにもかかわらず前置詞や冠詞などを覚えて英語を学ぶのがもどかしかった。

東大に入ったらバンドの宣伝になると思い入試直前の3ヶ月はバンド活動を休んで猛勉強。

1981年4月:東京大学理科一類に入学。ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学、スタンフォード大学、イェール大学、カリフォルニア大学バークレー校、プリンストン大学の各大学にも合格。

しかしメディアから「天才」ともてはやされ、復帰を待っていたバンドメンバーからは「お前の脇役になってしまう」と言われ除名された。

東大在学中にプロミュージジャンデビューを果たす。しかし、自身がパンクをやりたいにも関わらず、メジャーな音楽が求められたことに違和感を覚えた。

同年7月に東京大学中退。東大を4ヶ月で中退した理由について、自分も含め一緒に東大に入学した仲間達が「燃え尽きていた」と語っている。ただひたすら頭に詰め込む受験生時代を送り、その結果やっと東大に合格しても「今からまた勉強して人生を学ぼう」という雰囲気がキャンパスに無く、失望し心機一転ハーバード大学で学ぶことを決意する。

ハーバードでは尋常ではない日々課せられる読書ノルマやリサーチの宿題の量、活発なタブーなき議論の応酬など、自由だが厳しい校風が体に染み込んでいった。しかし大学2年の後半にハーバードの知的な体力をひたすら求められる生活に根負けし自分の良さが発揮できる場所ではないと反発するようになった。翌年、ミニマル音楽の第一人者だったフィリップ・グラスのライブを観たり、ジョン・ケージと直接会話するなどして高揚しアートと実験音楽に身を投じることを決意した。パンクと即興演奏を組み合わせたようなグループを学内で結成。

日本語で高校生に至る少年期を綴った自叙伝を書く。これがヒットし森光子の「3時のあなた」に出演する。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。