お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

ザムザ阿佐ヶ谷



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ラピュタ阿佐ヶ谷(ラピュタあさがや、英語:Laputa ASAGAYA)は、東京・杉並区にある映画館である。また館内地下に小劇場ザムザ阿佐谷を内包している。2015年に開館したユジク阿佐ヶ谷についても本項で扱う。

概要

株式会社ふゅーじょんぷろだくとを運営する才谷遼がアニメーション映画専用の映画館として1998年に開館。館名は宮崎駿監督のアニメ映画『天空の城ラピュタ』から採られている。オープニング作品はアニメ作家ユーリー・ノルシュテインの特集上映。

その後、都内名画座の減少とともに、日本映画の旧作上映を増やし、都内有数のフィルムにこだわる名画座として認知される。座席数は48席。

店内3階にはレストラン「山猫軒」が入居している。

ザムザ阿佐谷

1999年、ラピュタ阿佐ヶ谷地下に設立された小劇場。由来は『変身』主人公から。こけら落とし公演は月蝕歌劇団 。

阿佐ヶ谷指折りの劇場ではあるものの、もともと演劇場として建設されていないため搬入口がない。

演劇のほか映画上映、トークイベント会場など多目的用途で使用される。座席数129。

ユジク阿佐ヶ谷

2015年4月オープン。

才谷遼監督作『セシウムと少女』上映場所として、ラピュタ阿佐ヶ谷の裏手となる「アート・アニメーションのちいさな学校」跡地を改装。折しも吉祥寺バウスシアターやシアターN渋谷の閉館があったため、邦画や洋画の準新作やアニメーション用ミニシアターとして開館した。座席数41。

アクセス

  • JR「阿佐ヶ谷駅」より徒歩5分

脚注

関連項目


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
追加販売

<カンフェティ席(会員限定特別割引席)設置公演>
全席自由(一般):3,000円
全席自由(大学生以下):2,500円
1, 000円割引!全席自由(一般):3,000円 → カンフェティ席(一般):2,000円!
1, 000円割引!全席自由(大学生以下):2,500円 → カンフェティ席(大学生以下):1,500円!
(税込)
2019年10月4日 (金) 〜
2019年10月6日 (日)
ザムザ阿佐ヶ谷