お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティは創刊15周年!

清家栄一



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

清家 栄一は(せいけ えいいち、1957年3月29日 - )は、日本の俳優、演出家である。東京都出身。かつては、舞プロモーションに所属していた。その後、蜷川スタジオに所属。現在はフリーランスで活動中。

来歴

高校2年の時、俳優を志して劇団に入団する。その後、鳩子の海や積木の箱などのドラマに出演していたが、19歳の時、オイディプス王の舞台で蜷川幸雄と出会って以来、蜷川幸雄の舞台を中心に出演するようになる。舞プロモーションに所属していたが、1984年に事務所を退所し、蜷川スタジオに入団。蜷川幸雄が演出していた舞台の最多出演数を誇る。

劇作家の清水邦夫が清家が作った芝居を見て、「トランシーバーの青年」役を当て書きしたエピソードがある。

出演

舞台

1976年

  • オイディプス王(日生劇場) - コロス
  • 三島由紀夫近代能楽集卒塔婆小町/弱法師(国立劇場小劇場) - 女

1978年

  • 王女メディア(日生劇場) - コロス
  • ハムレット(帝国劇場) - 劇中劇の王妃

1979年

  • 近松心中物語(帝国劇場) - 九重太夫
  • ノートルダム・ド・パリ(日生劇場) - 狂女
  • ロミオとジュリエット(帝国劇場) - ロミオの友人

1980年


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。