お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

SEKAI NO OWARI



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

SEKAI NO OWARI(セカイ ノ オワリ)は、日本の4人組バンドである。旧称は世界の終わり、海外で活動する際はEnd of the World(エンド・オブ・ザ・ワールド)という別名義を使用する。2007年結成。所属事務所はTOKYO FANTASY。所属レコード会社およびレーベルはトイズファクトリー。公式ファンクラブは「S.N.O.W.S」と「R.A.I.N.S」。愛称は「セカオワ」。

概要

バンド名の由来

SEKAI NO OWARI」というバンド名は、初代リーダーであるFukaseが、「ADHDなどの障がいによる困難な生活」や、「閉鎖病棟への入院」、「医師になるために勉強した記憶が薬の副作用で消える」などの辛い経験をし、絶望し世界の終わりだと思ったが、その時に残されていたのが音楽と今の仲間だったので、「終わり」から始めてみようというポジティブな意味が込められている。。2011年のメジャーデビュー時に表記を「世界の終わり」からアルファベット表記に改めた。また、2012年にアルバム『ENTERTAINMENT』の発表以降は、DJ LOVE以外のメンバーも本名を伏せている。

SEKAI NO OWARIという表記には、「NO WAR(戦争反対)」が隠されている。(ファーストアルバムである「EARTH」のジャケット写真では、「NO WAR」の部分だけ色がついている。)

また、「SEKAI NO OWARI」から、愛称である「セカオワ(SEKAOWA)」を引くと、メジャーデビューシングルである「INORI」になる。

制作体制

作詞、作曲はDJ LOVE以外の3人が行っている。編曲は主にNakajinがDTMを使用して作業していく。レコーディングでは、サウンドセレクターであるDJ LOVEが主にギター、ベースとそのアンプの機材を選び音色を調整し、ピアノの演奏をSaoriが行う。Fukaseは自分のボーカル以外の録音中はスタジオに入って来ず、レコーディングスタジオのロビーでゲームをし、最終的な統括に徹している。

インディーズ時代は、編曲、レコーディングともにメンバーのみで行っていたが、2013年からはメンバーと親交のあるCHRYSANTHEMUM BRIDGEなどが編曲に加わっている。

メンバー

4人はFukaseを通した幼稚園から高校までの友人であり、Saoriのみ1学年後輩である。現在のDJ LOVEは2代目であるが、初代とは今でも親交がある。ちなみにDJ LOVE以外の2人はあやまんJAPANのファンタジスタさくらだ、女流書道家の金澤翔子と小学生時代の級友である(前者に関してはSaoriとも交友があるとのこと)。メンバーと仲間のスタッフで、一軒家を借りて共同生活を送っている。

当初は私服姿 でライブやPV、アーティスト写真の撮影をしていたが、その後それらのパフォーマンスで揃いの衣装 を着用するようになった。

Fukase


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。