お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティは創刊15周年!

勝又悠



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

勝又 悠(かつまたゆう、1981年7月18日 - )は、日本の映画監督。浅井企画業務提携。

来歴・人物

神奈川県南足柄市出身。日本ジャーナリスト専門学校卒業。監督作品のほぼ全てが女子高生などティーンエイジを題材にした作品である。

  • 2007年に『青空夜空に星空』が第4回エディロールビデオフェスティバル・総合グランプリ受賞(審査委員長・大林宣彦)したのを皮切りに、『春風桜色』『夏音風鈴』、『39ra☆愛キュン』などが長岡アジア映画祭、小田原映画祭、蓼科高原映画祭、山形国際ムービーフェスティバル、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭、東京ネットムービーフェスティバルといった全国各地映画祭で入賞や上映となる。
  • 特に2008年からはニッポンコネクション2008(ドイツ)、Japan cut(アメリカ)、香港アジア映画祭(香港)、オーバーハウゼン国際短編映画祭(ドイツ)、Asian Hot Shots Berlin(ドイツ)といった世界各地の映画祭での作品の招待、入賞など今後期待の若手映画監督である。
  • 2010年に新作「はい!もしもし、大塚薬局ですが」(主演:円城寺あや、小林香菜(AKB48))を完成させ、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2010オフシアターコンペティション部門で上映された後、ドイツ・ニッポンコネクション2010、カナダ・shinsedai映画祭2010、イギリス・レインダンス映画祭にて、公式招待作品に選ばれる。国内では2011年春に劇場公開。
  • 短篇映画「キミ/ハミング/コーヒー」が第32回ぴあフィルムフェスティバルにて総数527作品からの16作品に入選になる。(翌年「オードリー」で連続入選)
  • 撮影地を故郷の南足柄にこだわり、発表した作品のほぼすべてが南足柄ロケを敢行している。(一部ロケ含む)
  • 「はい!もしもし、大塚薬局ですが」公開記念トークショーにて映画監督石井裕也からの「女子高生を描き続ける意味は?」との問いに、「頭の中に10代の女子が住んでいて、彼女が勝手に描いてしまう」と答えた(はい!もしもし、大塚薬局ですが公式ブログ4月17日の記事参照)
  • 2015年、故郷である神奈川県南足柄市のふるさと大使に就任。任期は永年。


主な監督・脚本作品

長篇映画

  • はい!もしもし、大塚薬局ですが(2010年)
  • オードリー(2011年)
  • See You(2012年)
  • 月が綺麗ですね(2013年)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。