お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

長谷川町子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

長谷川 町子(はせがわ まちこ、1920年(大正9年)1月30日 - 1992年(平成4年)5月27日)は、日本の漫画家。日本初の女性プロ漫画家として知られる。代表作に『サザエさん』『いじわるばあさん』『エプロンおばさん』など。

生涯

生い立ち

佐賀県小城郡東多久村(現・多久市)生まれで、3人姉妹の次女。三菱炭坑の技師であった勇吉のワイヤーロープの事業開業に伴い幼少時に福岡市春吉に転居した。

春吉尋常小学校を卒業。旧制福岡県立福岡高等女学校(現・福岡県立福岡中央高等学校)2年生の1933年(昭和8年)まで福岡で育った。父の死去に伴い1934年(昭和9年)、一家そろって上京する。山脇高等女学校(現・山脇学園高等学校)に転校。

初期の活動

「田河水泡の弟子になりたい」という町子の独り言に姉と母は奔走、山脇高女在学中に田河水泡に師事する。その後、田河の引き立てにより『少女倶楽部』1935年10月号に掲載された見開き2ページの『狸の面』で漫画家デビューする。「天才少女」と題したグラビアも同時に掲載された。内弟子として田河家で生活するが、ホームシックから11カ月で出戻る。

1939年に初連載作品となった『ヒィフゥみよチャン』で女性漫画家としての地位を確立する。1940年からは、3人の女学生を描いた『仲よし手帖』という人気連載を持っていた(1942年まで少女倶楽部に連載、戦後は少女にて1949年から1951年まで連載)。

戦中

空襲からの疎開と徴用回避のため、長野県佐久郡に赴き児童の絵の教師を務める話が一旦まとまったが、福岡の知人の勧めにより1944年3月に福岡市百道に長谷川一家は疎開し、町子は西日本新聞社に絵画部の校閲係として勤務する。「昼出勤、4時退社」という楽な仕事であり、残りの時間は畑仕事に嬉々として打ち込んでいた。福岡転居後は、終戦直後の1945年9月に西日本新聞社発行の雑誌に読み切り6コマ漫画『さあ!がんばらう』を掲載するまで漫画作品を発表していない。

西日本新聞従業員として博多湾の見える丘で記事のためのスケッチをしていたところ、憲兵にスパイ容疑で逮捕される事件があった。長谷川がスケッチした方向に軍用基地(雁ノ巣飛行場)があり、スパイと疑われたためである。関係者の奔走により長谷川は釈放された。

1945年には買い出し中に米軍艦載機の機銃掃射から逃れたり、6月の福岡大空襲では焼夷弾が長谷川家に着弾し消防員に叩き消してもらうなどの戦争体験をしている。徴用回避の必要がなくなった終戦の翌日に西日本新聞社を退職した。現金があっても何も売ってないからという。

サザエさん連載開始

1946年(昭和21年)西日本新聞の僚紙としてフクニチ新聞社から創刊された「夕刊フクニチ」で連載漫画を頼まれた。自宅の近所である百道海岸付近を妹と散歩しているときに『サザエさん』の家族構成や名前を思いついた。当初は本人は「アルバイトのつもりでやっていた」と語っている。在京有名出版社から町子と姉・毬子への仕事のオファーがあったため、『サザエさん』は8月22日にサザエの結婚で一旦打ち切りとして同年の暮れに一家そろって上京する。当時東京都への転入は食糧事情悪化のため厳しく制限されていたが、西日本新聞の記者という名目で許された。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。