お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

高畑裕太



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

高畑 裕太(たかはた ゆうた、1993年9月13日 - )は、日本の俳優、タレントである。東京都出身。桐朋学園芸術短期大学卒業。女優・高畑淳子と俳優・大谷亮介の長男で、姉(異父姉)は女優の高畑こと美。身長181cm。親戚に女優の北川景子がいる。

略歴

生い立ち - 芸能界へ

暁星国際高等学校では野球部に所属していた。ポジションはキャッチャーだった。

高校3年生で進路を決めないといけないタイミングで鑑賞した、母・淳子が出演していた舞台『欲望という名の電車』に感激し役者を志す。2012年、土曜ドラマ『あっこと僕らが生きた夏』で俳優デビュー。同年4月より母親の出身校である桐朋学園芸術短期大学に進学し、演劇を学んだ。2012年、「金スマ」SPにて実際に便利屋をしている俳優、今村均の下で便利屋修業をする「裕太がいた夏」にて初主演した。

2015年、連続テレビ小説『まれ』出演で知名度を上げる。「天然キャラ」と評されてバラエティ番組に出演する機会も増え、母の淳子との共演もあった。

不祥事

2016年8月23日、映画の撮影のために滞在していた前橋市内にあるビジネスホテルの女性従業員に性的暴行を加えたとして、強姦致傷容疑で群馬県警に逮捕された。8月26日には母親の淳子が謝罪会見を行った。

2016年9月9日までに、高畑と被害者側の間で示談が成立。同日に前橋地方検察庁は、高畑を不起訴処分とした(不起訴理由は非公開)。同日、所属事務所であった石井光三オフィスが高畑とのマネジメント契約の解除を発表、無所属となった。その後、現在まで芸能活動は無期限休止中である。母親の淳子は謝罪会見の際、今後の裕太の芸能活動再開の可能性について「あってはならないことだと思っています」と否定する回答をしている。

活動休止から再開まで

2017年9月には女性セブンで遺品整理のアルバイトをして社会復帰をしている様子が報道されており、その後も2018年1月にはアルバイトを続けており、元気そうに社会生活を行っている様子を見せた。同時点で事件については「ご迷惑をおかけしました。あれは自業自得じゃないですか」と口にしている。

2018年6月には週刊女性PRIMEの「舞台に出演して芸能界に復帰するそうですが?」という質問に対し「そんなことは全然ないですよ。復帰なんてできませんよ」と返答していたが、同年8月16日が初日の舞台「さよなら西湖クン」(東京・下北沢「小劇場B1」)で芸能活動を再開。同舞台は元所属事務所の和田憲明が演出を務め、和田のワークショップに参加する形で同舞台のオーディションを受け、演技力を評価されたという。舞台初演には母親の淳子も観劇しに来ていた。

出演


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。