お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

オカピ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

オカピ (Okapia johnstoni) は、哺乳綱偶蹄目(鯨偶蹄目とする説もあり)キリン科オカピ属に分類される偶蹄類。

分布

コンゴ民主共和国中部および北部・東部。ウガンダでは絶滅。

形態

体重200 - 300キログラム。尻と四肢に白っぽい横縞が入る。

頭胴長1.9-2.5 m、肩高1.5-2.0 m。体型的にはウマに似ている。胴体は黒褐色からやや明るい茶色。四肢にはシマウマのような白と黒褐色の横縞模様があるのが特徴で、特に後脚に顕著である。これはオカピが生息する森林での保護色(カモフラージュ)の役目を果たすとともに、同種間での目印にもなっている

出産直後の幼獣は体重14 - 30キログラム。オスには角がある。

体型や毛皮の模様などからシマウマの仲間だと思われがちだが、いくつかの特徴からキリンの仲間であることがはっきりと分かる。キリンと同じ偶蹄目の動物の特徴として、2つに分かれた蹄を持っている。奇蹄目に属するシマウマは蹄が1つしかない。頭には毛皮に覆われた2本の角がある。青白く、耳まで届く長い舌を持っている

またオカピはキリンの先祖に近い動物であることが分かっている。森林で暮らしていたオカピの仲間から草原に適応したものが現れ、現在のキリンの仲間に進化していったと考えられている。実際、キリンはオカピに比べて首が長く体も大きい。また、集団で生活するなど草原の生活によく適応している

分類

Henry M. Stanleyは1874 - 1877年のアフリカ大陸横断の際に原地の住民からロバのような生物がいるという情報を得て、それを当時ウガンダの総督であったHarry H. Johnstonに提供した。Johnstonは1899年にコンゴに入り足跡の発見や、原地の住民から毛皮の一部を入手した。この毛皮の一部がイギリスに送られ、疑問符をつけられながらもウマ属Equusの新種として発表された。Johnstonは1901年に頭骨や完全な毛皮の入手に成功し、後にキリン科に分類された。

生態

標高500 - 1,000メートルにある熱帯林に生息するが、標高1,450メートルの山地で発見された例もある。単独もしくはペアで生活する。オスの行動圏は10.5平方キロメートルに達することもあり、1日あたり4キロメートルを移動すると考えられている。

主に木の葉を食べる。天敵としてヒョウが挙げられる。

妊娠期間は414 - 493日。1回に1頭の幼獣を産むが、2頭の幼獣を産んだ例もある。飼育下では通常30分ほどで、立ちはじめるようになる。授乳期間は約6か月だが、1年以上も授乳した例もある。生後3年で成熟する。飼育下ではオスは生後2年2か月、メスは生後1年7か月で繁殖した例がある。生後26年のメスが、繁殖に成功した例もある。飼育下の寿命は15 - 20年で、推定で33年という長期生存例もある。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
大人:3,000円
小人:1,500円(小学生以下)
親子:3,500円(大人1名+小人1名)
(全席指定・税込)

※3歳以下膝上無料

こちらのチケットは、[電話予約]もご利用いただけます。
カンフェティチケットセンター
0120-240-540
(平日 10:00〜18:00)
2021年5月23日 (日)
IMAホール