お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

東京キューバンボーイズ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

東京キューバン・ボーイズ(とうきょうキューバン・ボーイズ)は、1949年に見砂直照によって結成された、日本を代表するラテンバンド。略称はTCB。ラテン音楽のみならず、映画音楽やクラシック音楽、ポップ・ミュージックのラテンアレンジなども数多く演奏し、マンボなどのラテン音楽を日本に広く紹介した。発表したアルバムは、オリジナルアルバムだけで200枚を超える。1980年に解散。2005年に、直照の息子である見砂和照が中心となって再結成。

解散までは「見砂直照と東京キューバン・ボーイズ」名義も使用したが、2005年に再結成したあとは、「見砂和照と東京キューバン・ボーイズ」名義で活動している。

概要

1949年9月3日に、リーダーの見砂直照が中心となって結成。

中南米の曲から、当時のヒット曲のラテンアレンジまで幅広く演奏、録音し、日本にマンボなどのラテン音楽を紹介した。1965年芸術祭奨励賞、1970年芸術祭優秀賞受賞。1968年にはコロンビアレコードのゴールデンレコード賞を受賞。その後1971年、1972年にも同賞を受賞している。

1975年にはソビエト連邦(現:ロシア連邦)の各都市でコンサートを開催。1979年には、メキシコやキューバなどの中南米諸国でもライブを行った。

1980年に解散。

1990年6月20日、リーダーの見砂が死去。

1999年に結成50周年を迎え、見砂の息子、見砂和照が中心となって「東京キューバンボーイズ結成50周年記念コンサート」を開催。同年、コロムビアミュージックエンタテインメントから、過去の音源がCDアルバムとして10点復刻された。

2005年、見砂和照がリーダーとなって再結成。

メンバー

メンバーは流動的で、参加経験のある音楽家は多数いる。以下に、メンバーとして参加したことのある人物の一部を挙げる。詳細なメンバー等は、結成60周年を記念して発売された『見砂直照生誕100年・東京キューバンボーイズ結成60周年記念パンフレット・写真集』に記載されている。

  • 見砂直照(指揮) - 1990年に死去。
  • 見砂和照(リーダー、ドラム)
  • トランペット
 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ席(会員限定特別割引席)設置公演>
全席指定(前売):5,000円
1, 000円割引!全席指定(前売):5,000円 → カンフェティ席(前売):4,000円!
(税込)

2019年10月22日 (火)
横浜みなとみらいホール
大ホール