お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティ創刊14周年

三遊亭粋歌



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

三遊亭 粋歌(さんゆうてい すいか、1976年7月31日 - )は、日本の落語家である。落語協会所属の二つ目。紋はかたばみ、出囃子は粋か。

来歴

1976年、東京都墨田区出身。2005年8月、三遊亭歌る多に入門し、2006年3月、前座となる。前座名は、歌すみ。2009年6月、二ツ目に昇進し、粋歌と改めた。

2016年12月、第二回渋谷らくご創作らくご大賞を受賞した。

人物

夫は、同じく落語家の柳家小八。夫婦で落語家、というのは史上初である。

入門前は食品系の企業で人事担当をしていた。そこでの経験が自身の新作落語にも生かされている。

主に新作落語を演じる。女性という立場を生かした独自の視点による作品が多く、落語評論家の広瀬和生に『「女でも落語ができる」ではなく「女だからこそ面白い落語ができる」との明確なヴイジョンを以って落語の歴史を塗り替える日も近い?』と評されている。

主なネタ

「おじいせん」「コンビニ参観」「影の人事課」「銀座なまはげ娘」「卒業」「オレオレ」「二人の秘密」「とんがりコーンそのまま食べるか?指にはめてから食べるか?」「すぶや」「ヒーロー」「プロフェッショナル」

以下・三遊亭白鳥作

「バリバリ女子大生」「恋するヘビ女」「奥山病院奇譚」「座席無き戦い」「落語の仮面シリーズ」

メディア

ラジオ

  • すっぴん!(NHKラジオ第一放送)  コーナー「ひざウチ!ふにオチ!」 プレゼンター

ポッドキャスト


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席自由(前売):2,000円(税込)
2019年2月9日 (土)
関内ホール
小ホール