お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

ドキンちゃん



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ドキンちゃんラテン文字表記:Dokin-chan、Dokinchan、ほか)は、アンパンマン・シリーズに主要なメンバーとして登場する架空のキャラクター。

悪さをする側にいる黴菌(ばいきん)の女の子で、ばいきんまんに次ぐ重要な敵役となっている。シリーズ中最も重要なトリックスターで、テレビアニメの通常回では、常に悪の側にいるばいきんまんと共に物語を牽引しながら、善にも悪にも囚われない奔放な行動を執る。

アニメ版(テレビアニメ版および映画版〈アニメーション映画版〉)の声優は鶴ひろみ→冨永みーな(声優の交代については後述)。

初出

1984年(昭和59年)12月刊行の絵本『アンパンマンとりんごちゃん』にて初出。

映像としては、テレビアニメ『それいけ!アンパンマン』第13話Aパート「アンパンマンとドキンちゃん」、1988年(昭和63年)12月26日放映回(関東エリア)にて初登場。

キャラクター

基本情報

ばいきんまんと同じくバイキン星(バイキンぼし)からやってきた、黴菌(ばいきん)の女の子。バイキン星でばいきんまんの噂を聞いて地球へ来た。絵本ではばいきんまんの助っ人としてやってきたことになっているが、テレビアニメのほうは、その口ぶりからどうやら興味本位でのことだったらしい。ポータルサイトは絵本と同じことを言っている。ばいきんまんに何の連絡も入れず、ドキンちゃんは水玉模様の卵型UFOに乗ってやってきた。テレビアニメの場合、激しい動悸に襲われて飛び起きたばいきんまんは、根城のバイキン城に隕石のような赤い球が落ちてくるのを察知し、バイキン城を空へ移動させて衝突を避けようとするが、赤い球は空飛ぶバイキン城を追いかけてきて、ぶつかって城を撃墜する(赤い球は普通に着陸する)。ばいきんまんが様子を見に行くと卵の殻が割れ、中から小さな女の子が現れた。女の子は「面倒を見なさい!」「おなかが空いた!」と言って聞かないので、ばいきんまんは仕方なく面倒を見てあげることにした。それがドキンちゃんの初登場の様子だった。それ以来、ドキンちゃんはバイキン城に居候している。

ドキンちゃん」という名前は、心臓の拍動の高まりを表す日本語の擬態語「どきどき」から来ている。その名のとおり、「黴菌なのに恋する乙女」だと紹介されることも多い。周りから「ドキンちゃん」と愛称的敬称「ちゃん」付きで呼ばれるのが通例で、呼び捨てにされることはほとんど無い。クレジットタイトルでも常に「ちゃん」が付いている。妹分のコキンちゃんからは「ドキンおねえちゃん」と呼ばれている。

キャラクター設定は、1939年公開のアメリカ映画『風と共に去りぬ』のヴィヴィアン・リー演じるスカーレット・オハラをモデルとしている。

ばいきんまんと同じく変装の名人で、子供に変装した時の名前は「ドキ子」。変装の際には瓶底眼鏡(びんぞこめがね)を掛けることが多い。瓶底眼鏡とは牛乳瓶の底のような分厚いレンズが付いている古風な眼鏡のことで、それを掛けること自体がすでにギャグになっている。また、変装したばいきんまんと共に登場するため、本来は実在しないようなキャラクターを名乗った少々無理のある変装をすることも多い(#変装を参照)。

アニメでは誕生日が10月19日とされており、1992年(平成4年)10月19日(関東エリア)に放送されたTV第204話A「ドキンちゃんの誕生日」でそれが描写されている。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。