お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

対象のクレジットカード決済でカンフェティのチケットを購入すると5%還元!

内田達也



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

内田 達也(うちだ たつや、1992年2月8日 - )は、兵庫県宝塚市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ザスパクサツ群馬所属。ポジションはミッドフィールダー、ディフェンダー。

来歴

プロ入り前

地元・宝塚市のサッカー少年団を経て、ガンバ大阪ジュニアユースに入団。高校生になるとガンバ大阪ユースに昇格。中学時代から各年代の日本代表を経験し、代表チームでもディフェンスリーダーやキャプテンとして活躍し、2009年にはU-17日本代表として、チームメイトで1学年下の宇佐美貴史と共にU-17ワールドカップに出場した。

ガンバ大阪

2010年よりガンバ大阪のトップチームに昇格。2011年5月21日、J1第12節アルビレックス新潟戦でJリーグ初出場を果たした。しかし、山口智や中澤聡太らがいたセンターバックのレギュラー争いに割って入れず、2012年までの3年間のリーグ戦出場数はわずか10試合に留まり、年代別の日本代表からも漏れた。

2013年、ポジション登録をMFに変更しボランチにコンバート。開幕当初は出場機会がなかったものの、代表組の遠藤保仁・今野泰幸が不在となった6月にボランチでスタメン起用される。二人が復帰した7月以降も、レギュラーの座を譲らず主に今野とダブルボランチを形成した。

2014年は開幕当初こそスタメンでの起用が多かったものの、シーズン中盤以降は出番が減少した。11月には左膝靭帯損傷により全治8カ月と診断され、長期離脱となった。2015年、リーグ戦の出場はなかったが天皇杯で実戦復帰を果たした。

東京ヴェルディ

2016年12月28日、東京ヴェルディに期限付き移籍で加入することが発表された。2017年2月26日、開幕戦の徳島ヴォルティス戦で移籍後初先発を果たした。11月19日、J2最終節の徳島ヴォルティス戦では決勝点を決めてプレーオフ進出に貢献した。2018年から東京ヴェルディへ完全移籍。

2019年12月、契約満了により退団。

ザスパクサツ群馬

2020年、ザスパクサツ群馬に加入。

プレースタイル・評価


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。