お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

我が家



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

我が家(わがや)は、日本のお笑いグループ。ワタナベエンターテインメント所属。2003年結成。

メンバー

概要

杉山と谷田部は中学校からの同級生で、我が家の結成以前に「ルーキーズ」というコンビを組み、レッスン料が安いという理由で俳優の養成所に入っていた。その後、同じ養成所に俳優志望として入っていた坪倉が加入し、我が家が誕生した。トリオ名はトリオを結成した居酒屋「我家(わがや)」(JR中央線 東中野)の店名からとった。

2010年8月に杉山がテレビ番組『オレワン』の収録中の事故で左肩を脱臼骨折し、復帰するまでの約2ヶ月間は坪倉と谷田部の2人のみで活動していた。

憧れる芸人は事務所の先輩且つ、同じトリオ体制であるネプチューンである。

2012年8月26日、同年10月より杉山が、ワタナベエンターテインメントの九州事業本部所属となること明らかになった。しかし、福岡における杉山のレギュラー出演は半年余で消滅した。

2014年6月にはこまつ座 第104回公演「『てんぷくトリオのコント』〜井上ひさしの笑いの原点〜」にてんぷくトリオ役で出演し、劇中コントも演じた。同年9月には浅草東洋館でも上演された。

主にコントで、ネタ作りは主に坪倉が担当している。元々は坪倉が大ボケで谷田部が小ボケだったが、最近では坪倉が小ボケで谷田部が大ボケになっている。

2012年以降は杉山が酒癖の悪さなど素行不良が目立つようになりトリオでの出演が激減するようになった。坪倉が主にヒルナンデスなどピンでの活動がメインとなってるケースが多い。

芸風

コント

様々なシチュエーションで谷田部と坪倉が交互にボケるパターンと、谷田部のボケに坪倉がさらにボケをかぶせるパターンがある。谷田部がボケた時に坪倉がツッコむが、上手く突っ込めてないため、坪倉が杉山に突っ込まれる。どちらのボケも杉山をいじって完結し、これを繰り返す。坪倉がホスト役を演じるシリーズもある(『爆笑レッドシアター』では「Dr.ホシ」として登場)。また、彼が女装をするコントも存在する。

店などを舞台として杉山が客という設定で、坪倉が店長、谷田部がその後輩という設定が多くみられる。そして店に訪れた杉山に対し、坪倉と谷田部が杉山の体型などをいじり(杉山の太った体型から「豚(ラーメン屋が舞台の場合転じてチャーシューなど)」「ジャイアン」と言うなど)失礼な接客をする。ネタの終盤で坪倉と谷田部がベタなドラマのシーンを演じる事がある。

坪倉や谷田部が杉山をボコボコにしたり、貶したりする(「杉山の顔が豆大福みたい」というフレーズを盛り込む、など)ネタが多いのは「杉山はデブだがプライベートではすごくいい人で人望も厚い」ということが一切ないため、せめてコントの中だけでも杉山に対するストレスを杉山にぶつけようということを、坪倉と谷田部が話し合った結果が理由である。

「万引きGメン鈴代(坪倉)」「ダンプ杉山(杉山)」など、バリエーションに富んだキャラクターを生み出している。杉山はボケ担当ではないが、顔が大きいことをボケの2人に笑われるというネタがある。シチュエーションが異なるだけで流れそのものは同じコントもいくつかある。

当初は典型的に「杉山がいじられて終わる・谷田部がエキセントリックに演じる・坪倉が大ボケ」が多かったが、近年では杉山が大ボケ・谷田部と坪倉が常識人を演じることも少なくなくなった。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。