お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティは創刊15周年!

亀山ゆうみ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

亀山 ゆうみ(かめやま ゆうみ、1970年9月24日 - )は、日本の女優、アクションコーディネーターである。宮城県仙台市出身。

人物

仙台市在住の頃からイベントの仕事に携わる。4歳からモダンバレエに熱中し、18歳で女優志願し上京。上京後は、モダンバレエを活かして女優の吹き替えやスタントの仕事を中心に活動した。

現在はTEAM HANDY、日テレ学院などで殺陣を指導し、女優、演出家、脚本家としても活動している。

所属団体はゼータクチク&ACTACTION by TEAM HANDY。

ギャオス役のエピソード

1994年2月、偶然ビデオで大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオスを視聴した4、5日後に知人のスーツアクターからギャオスのスーツアクトレスの仕事を勧められた。

怪獣の着ぐるみに入る"スーツアクトレス"の第1号である。

ギャオスの着ぐるみに入るときに着る全身タイツはシルバーとグレーを着ていた。ただし、主にシルバーである。

ギャオスの着ぐるみの中の暑さは45〜50度あり、亀山は「尿は汗ででるからいいや」。とトイレに行かなかったが、我慢を続けている内に軽い膀胱炎になり、腎臓まで悪化し、2日間ぐらい血尿まで出て、びっくりしたという。しかし、撮影には休まず出たという。

ギャオスの動きは、テレビの動物番組でカラスやコウモリの動きを見て、それを真似ないように樋口特技監督と相談し動きを考えた。

亀山は、着ぐるみの仕事はギャオス以降はやるつもりはないが、ギャオスは大切にしたい。と語っていた。

出演

  • ガメラ 大怪獣空中決戦(1995年)-ギャオス / 証券所前のリポーター 役

脚注


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。