お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

プラウディット



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

プラウディットPlaudit、1895年 - 1919年)はアメリカ合衆国のサラブレッドの競走馬、および種牡馬。1898年のケンタッキーダービーを制した。

経歴

出生

母シンデレラは1886年にJ・D・ニート博士が手に入れた1歳の牝馬2頭のうちの1頭で、もう1頭のタランテラIIとともにニートの所有するキンダーガーテンスタッドへ繋養、繁殖牝馬となった。プラウディットは1985年に同牧場で生まれた。

半兄にベルモントステークス馬のヘイスティングズがおり、同馬がベルモントステークスを制した翌年にデビューしたプラウディットは大きく期待を集めていた。

2歳時

1897年、プラウディットは2歳の時にエドワード・ブラウン調教師のもとでデビューし、7月にはシンシナティ競馬場のエメラルドステークスで早くもステークス競走勝ちの称号を手にして周囲の期待に応えた。

2歳シーズンの途中、プラウディットはフューチュリティステークスで4着になった後に、同世代の有力馬ハンブルクの所有者でもあったケンタッキー州の大馬主、ジョン・E・マッデンに6500ドルで購入され、調教師もアルバート・シモンズへと交代された。

この年の9月29日、グレーヴセンド競馬場で行われた1マイル1/16(8.5ハロン・約1708メートル)一般競走にプラウディットは出走した。この競走は古馬混合のもので、さらにエドワード・ブラウン調教師の管理する1896年のケンタッキーダービー馬ベンブラッシュもここに出走しており、2歳のプラウディットは41倍の大穴扱いを受けた。しかしこの競走でプラウディットはベンブラッシュをハナ差で制して勝利する大金星を挙げた。

翌月の競走でその年のシーズンを終え、12戦してシャンペンステークスとナーサリーステークスを含む4勝を挙げた。

3歳時

3歳時の5月、プラウディットはその年の初戦に第24回のケンタッキーダービーに出走、4頭立ての2番人気に支持された。スタートで先頭に立ったのは3番人気イザベイであったが、間もなく1番人気リーバーカールが先頭を奪った。プラウディットはウィリー・シムズ騎乗のもと後ろで待機し、最後の直線に入ったところで追い込みをかけた。猛然とした追い込みによってゴール線の目前でリーバーカールを追い抜き、プラウディットはハナ差で優勝を手にした。この時の2着と3着の着差は、20馬身差があったとされている。

その後、クラークハンデキャップで再びリーバーカールを破り、オークツリーダービーにも勝って連勝、翌戦バックアイステークスでは対戦馬が出なくなり単走を経験した。

この頃、当時競走馬の所有・生産に興味を示し始めたウィリアム・コリンズ・ホイットニーが、プラウディットを25000ドルで購入したいという商談をマッデンに持ちかけた。マッデンもこれに応じ、翌戦のローレンスリアライゼーションステークスにはホイットニー所有のもと出走している。しかし、ここではかつての同僚ハンブルクに敗れて2着となり、さらにその次の競走でも2着になった上、その競走によってプラウディットは故障してしまった。このため、マッデンはホイットニーに12000ドルを支払い、プラウディットを買い戻している。

この年は8戦をこなし、うち4戦で勝利、残り4戦は2着に入る優秀な成績を収めた。プラウディットは3歳で引退し、マッデンがケンタッキー州レキシントンに開設した牧場・ハンブルクプレイスファームでの初期種牡馬の1頭となった。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
前売:一般:4,800 円
初日割:4,000円
ハッピーステージ:4,000円
(全席指定・税込)
2019年10月24日 (木) 〜
2019年11月3日 (日)
中野ザ・ポケット

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
10名限定!一般4,800 円 → 【指定席引換券】4,100円さらに800Pゲット!(10/17 17時55分更新)
2019年10月24日 (木) 〜
2019年11月3日 (日)
中野
ザ・ポケット